日々お茶暮らし  茶農家のブログ

川根地域でお茶づくりをしている農家のブログです

伸び始めると変化が早い! 深刈り園の再生芽

こんばんは。

6月もいよいよ明日で終わりに。一年の折り返しともなりますね。振り返るとこの2か月ほどはあっと言う間であったように思います。過ごしているその日その日はやや長く感じつつも、振り返ると時間の流れが非常に早かったなというような感覚です。

 

お茶の仕事でもこの二か月間は一番茶に二番茶、そして一番茶から二番茶までの多様な作業がある時期と、なかなか充実した期間でした。それらの事も時間の流れが早いように感じる一因なのかなと思います。

 

なお、お茶の仕事が充実した日々はもう1か月少々続きます。気温が上がり高い気温が体に堪える時期となりますが、体調には気を付けつつお茶づくりに向き合っていきたいと思います。

 

再び黄緑色になった深刈り園

一番茶収穫後にチャノキの更新目的で深刈りを行ったこちらの畑。

葉っぱがある部分は刈り落とし内部の枝が直に見える状態となるため、茶畑も茶色(緑色に対すると赤っぽさもあり)となり異様な光景にも見えるかもしれません。

チャノキは本来、枝あるいは茎と葉の付け根から芽が伸びてくるのですが、深刈りをした畑では葉が刈り落とされるため枝の所々から芽が伸び始めます。葉の付け根から芽が伸びる時よりも芽が伸び始めるまでに時間が必要となるため、しばらくは茶色い茶畑の状態が続いています。

 

しかし、一旦芽が伸び始めるとそこからは早いです。

伸びてくる芽の数は少ないため一つ一つの芽が上へと伸びやすくなりますし、気温が高めな時期であるため生長スピードも速いです。そのため、茶畑は再び緑色へと急激に変化していきます。

本日はこの伸びて来た芽を病気などから守るために防除を行いました。

この時期は雨が多く高湿度な環境下であるため、カビを由来とした病気が発生しやすいです。特に山間部であるため土地の特性上「もち病」という病気が発生しやすいため念のための対策となります。

 

今病気を抑えることが出来れば今後しばらく病気を抑えることが出来ますし、逆にこの時期病気を多発させてしまえばその後も病気が出やすくなり、改善するのに年単位の時間やより多くの労力や費用が必要になるため、今が今後の生育を左右する重要な時期となるのです。

 

深刈りをした畑では今後しばらくの間芽を伸ばし続けます。

7月の中旬ごろになったら伸びすぎた芽の先端を切るナラシ作業を行い芽数を増やします。生育が良ければ来年の一番茶からある程度の収穫量が見込まれるため、丁寧なお世話を心掛けていきたいと思います。

大雨の一日に

こんばんは。

本日は午前中を中心にとても激しい雨となった川根町上河内地区です。線状降水帯の発生情報もあり、2年前の台風による大雨の時を彷彿させる降り方となりましたね。

 

短時間に多くの雨が降ったため、小さな沢からは土砂が流れ出てきていたり、普段は少し筋になっている程度のへこみが水が流れる小川へと変貌している光景も目にしましたね。

これは水が土にしみ込む速度よりも降ってくる雨の方が多いためだと思います。そのため土の表面を水が流れてしまい小さな沢では水と共に土砂が流れ出たり、普段水が流れていない箇所でも水が流れたりするのでしょう。

一か所多めの土砂が流れ出てしまっていたところがありましたが、これ以外の所ではそこまで大きな被害は発生していなかったので良かったです。

そしてお茶づくりの今後ですが、まずは浅刈り作業を始める予定です。

込み合った部分の枝葉を刈り落とすことで充実した芽を伸ばすこと、そして病害虫の防除を目的として行う作業です。

 

また、深刈りした畑からは芽が再生してきているため、病気などから守るための防除作業も行いたいと思っています。二番茶が終わったからと言って落ち着くということは無く、むしろ再び様々な作業に追われる日々が始まることとなります。

二番茶終了

2024年の二番茶は先ほど製造まで無事終了しました。

月曜日以降少し忙しい状況が続いていたためブログの投稿の方からも離れており、今日が数日ぶりの投稿となりました。

何がともあれ今年も無事に二番茶づくりまで終了できたことに、まずは安堵しています。この二番茶の終了により2024年のお茶の収穫・製造も終わりに…。今はほっとした気持ちが大きいですが、今後は2025年の一番茶の出来を左右する管理作業が始まります。

 

一番茶の出来は前年の夏の生育で大半が決まってしまうため重要な季節になりますね!

明日はお茶工場の大掃除を行う予定ですが、その後は気持ちを切り替えて2025年の一番茶へ向け動き始めます。

半分趣味、半分試験で挿し木を実施

こんばんは。

昨日の夜から降り出した雨は今日のお昼ごろまでしっかりと降りました。雨脚は前回の雨天時よりは弱かったですが、午後になっても雲が優勢の空模様であり時々弱い雨が降ってくるまさに梅雨らしい天気であったと言えると思います。

 

そして前回の雨天時と比べて大きく違うのが気温と蒸し暑さ。前回の時は正直寒いくらいの気温であり冬用のパーカーを急遽着込んだほどです。対して今日は蒸し暑さが堪えます。かなり鬱陶しい暑さとなっていますね。

この点に関してもこの時期らしい天候であると思いました。

 

そんな本日は収穫作業は一日お休みに。前回の時はお昼過ぎから天候が回復したため収穫を行いましたが、本日に関しては完全にお休みとなりました。午後に雨がパラつくこともありましたし若干芽がまだ小さいため、時間を空けることが出来て逆に良かったかと思います。

 

という事で、前々からやりたかったことをやってみる一日としました。

そのやってみたかったことは挿し木です。それもペーパーポットを利用した挿し木であり、将来的に改植をする際自分で苗木を作る事も考えているため、その試験もかねての実施です。

 

今までも自分で苗木を作ったことはあるのですが、挿し木に向いた土で苗床を作りそこへ挿し木する地床形式のみ。地床形式だと苗を植える時に一旦掘り起こす必要があり、その際に若干生育が停滞するとされています。また、植え付け時に植穴をしっかり開ける必要があるのもやや大変なポイントですね。

ただし苗木を購入するとなると地床形式の物の方が安上がりで済みます。また苗木自体も大きめの物を用意できるのが大きなメリットとなるでしょう。

 

ただ、地床形式であってもポット形式であっても土を用意する必要があるため、今回はポット形式でやってみることにした次第です。

挿し木をしたのは4つの品種と枝替わりの黄色っぽい芽が伸びるチャノキの計5種類です。もし挿し木が成功した場合は、いろんな品種のチャノキを同じ区画に植えてある場所を作る予定です。

 

またペーパーポットによる苗木づくりが上手くいけば、今後改植する際に自分で苗木をポット形式で作ってみようかとも思っています。

 

半分趣味のチャノキづくり、そしてもう半分は今後の事を見据えた試験的なものである今回の挿し木。楽しみつつ、学びや気付きをしっかりと書き留めておき今後のお茶づくりに生かしていきたいと思います。

二番茶は終盤に

こんばんは。

昨日は午前中を中心に激しい雨が降りましたが、お昼ごろには止みその後は天気が回復に向かいました。お昼ごろに雨が上がるというパターンであったため、昨日は午後から収穫作業を実施。収穫出来る時間が限られていたため量は採れませんでしたが、それでも2時間少々収穫が行えたのは大きかったです。

ただハイペースで作業を進めたため作業時間は短くとも疲労感は結構大きかった一日となりました。

そして本日は一日を通して晴れという事で、朝から夕方までしっかりと収穫を行えました。朝露がかなりきつめに降りていたので露払いの手間がかかりましたが、日差しがあったため予想より早く乾きその後の収穫は順調であったと言えます。

 

本日でそれなりに大きくなった畑では全て収穫を行えました。まだ収穫していない畑もあるのですが、そちらでは若干芽が小さいためもう少し時間を置きたいところ。ちょうど明日は雨が降る予報となっているため良い形で芽が育つ時間を確保できそうです。

二番茶シーズンはいよいよ終盤に入っていきます。

地域の中ではすでに収穫を終えた方もおり、畑を見ても多くの場所で収穫を終えた状態が目立ちます。残り僅かとなった二番茶シーズン。二番茶シーズンの終わりは2024年のお茶づくりの終わりでもあるため、最後までしっかりと取り組んで行きたいと思います。

順調に進む二番茶

こんばんは。

上河内地区の二番茶は本日で3日目となりました。収穫量(生葉)も工場全体で本日は2,400㎏。共同製茶形式でお茶づくりをしている場合で考えるとかなり少ない量になるかと思いますが、当地区の今シーズンに限って言えば少しずつ量が増えてきた状態になりますね。

多くても3,000㎏を超すようなことは無いと思われるため、連日2,000㎏程度の生葉が集まる事になるのではないかと思っています。

 

天候も今のところ半日雨が降り半日曇りや晴れというような日が無く、収穫を行うとしたら一日しっかりと行えている状態が続いているのが有難いです。

 

露が乾かないと収穫が行えないため、午後から雨が降り出すようなパターンでは収穫出来る時間がかなり短くなってしまいますし、午前中雨が降り午後になると雨が上がるパターンでは露が乾くまでにだいぶ時間が必要になります。労力も必要になりますし精神的にも休まる暇がないため、雨が降るなら一日しっかりと降って欲しいのです。

露が乾くまでの間に露払いや野イモのつる取りなどやる必要のある作業はあるのですが、せっかく収穫できるようになった状態で雨が降り出すということもこの梅雨時期であれば度々あるため、天候に振り回されてばかりな時期と言えるでしょう。

雨の後の澄んだ青空

こんばんは。

昨日の川根町上河内地区は朝から強い雨が断続的に降りました。夕方には小雨となりましたが、あまりの激しさに少し怖くなった時間帯もあったほどです。当地区では大きな被害は出ませんでしたが、ニュースなどを見ていると伊豆の方では被害が出てしまっているようなので、前線による雨だとしても決して油断は出来ないなと思いました。

被害に遭われてしまった方には心よりお見舞い申し上げます。

 

ちなみにそんな昨日は雨天であったため収穫作業は行えませんでしたが、日中は事務作業や夕方からは少し壊れてしまった生葉の荷受け台の修理などを行ったため、なかなか充実した一日であったと思います。

思いのほか大雨となってしまいましたが、土も十分に湿ってくれたことでしょう。最近は雨が降らなかったり降っても僅かな量であったため川の水も減る一方でした。被害が出なかったから言える事かもしれませんが、当地区においての今回の雨は恵みの雨であった一面もあるかと思います。

 

そして本日は、午前中を中心に気持ちの良い青空が広がってくれました。

雨上がりという事もあり蒸し暑さが少し堪えたものの、とても澄んだ青空が広がってくれましたね。

 

雨露および朝露がなかなか乾かず収穫の開始は10時ごろとなってしまいましたが、その後も雨が降ることなく天気が持ってくれたため一日を通して収穫を行うことが出来ました。やや芽が小さいうちに収穫を行っているので一番茶と比べると収穫量が少ないですが、品質も悪くありませんし量も芽が小さいからと言って極端に少ないわけでは無いので今のところ良い二番茶シーズンになっていると思います。

そして今後はより芽が充実してくるでしょう。

昨日の雨と今日の日差しそして暑めの気温の影響により、採るにはまだ芽が小さすぎる畑ではすくすく芽が育ってくれることと思います。

 

天気も今後数日間は収穫に支障無さそうなので、良い状態で芽の収穫を続けることが出来そうです。今年の二番茶には期待が高まります。