日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

山の緑も濃くなりました

東海地方が梅雨入りをしてから

約40日ほどが経ち、昨日

梅雨明けの発表がありました。

 

上河内地区では今年の梅雨は

あまり雨が降らなかった印象を受けます。

 

梅雨の時期ということで

湿度が高いムシムシとした日や

雲が広がる天気もありましたが

最近はじりじりとした

夏らしい日差しが

射すようになりました。

 

 

この写真は6月3日に撮影したものです。

 

桜の開花とほぼ同じくして

落葉性の木々が一斉に芽吹きます。

 

一番茶のシーズン(5月上旬)の頃には

山が黄緑色に覆われ、山の所々には

山桜が咲いていました。

 

黄緑色の木々の中に

僅かに見えるピンク色。

とてもキレイな景色でした。

 

今年は3月の最低気温が低かったため

桜の開花が1週間から10日ほど

遅くなりました。

 

そのため気温が低い

山の高い所にある桜は

平地より開花が遅くなり

5月上旬になっても

見ることが出来たのだと思います。

 

 

その後梅雨入りし

7月の中旬にはこのような状態に。

 

 

日が過ぎるにつれ

山の緑色が濃くなっています。