日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

イチジクの実り

ここ数日間はすっきりとした快晴にはならず

曇りがちの日々が続いています。

そのため、涼しいを通り越して

寒いと感じることも多くなりました。

 

そろそろ

ファンヒーターやこたつを準備していこうと

思っている今日この頃です。

 

イチジク

 

7月の時点では青々としていたイチジクも

秋の訪れとともに赤く色づいてきました。

 

しかし青い実の時と比較すると

実の数は少し減少しています。

 

樹の生理現象や風の影響

もしかしたら知らず知らずのうちに

動物に食べられていたのかもしれません。

 

いくつか数を減らしたものの、実は熟し

樹の近くからは甘い香りが漂ってきます。

 

ところでイチジクの名の由来を調べたところ

毎日1つずつ熟すことから「一熟」→「イチジク」

となる説がありました。

 

確かに赤く熟している実もあれば

まだ青い実もあります。

また、同じように赤くなっている実でも

赤の濃さに違いがありました。

 

同じ一本の樹なのに

果実の熟すスピードはバラバラで

とても面白いなと感じます。

 

ちなみに完熟したものは

実のお尻の部分が裂けるようです。

 

なので写真のイチジクも

もう間もなく完熟となるのでしょう。

 

今年はどんな味がするのか

楽しみです。