日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶パック活用法

久しぶりに青空が広がっている朝を

迎えることが出来ました。

 

天気予報を見ると晴れ間は貴重みたいなので

貴重な洗濯日和になりそうです。

 

お茶パック

私は茶筒を利用しているのですが

茶葉の量が減り残り少なくなると

茶筒の底に粉や細かい葉が多くなるため

どうしても淹れたお茶が粉っぽくなってしまいます。

 

 

大きさが小さいため

どうしても筒の底に溜まってしまうのでしょう。

 

 

二枚目の写真と比べると

葉の細かさがわかると思います。

 

粉っぽいお茶を急須で淹れると

たくさんの粉が出てきてしまうため

見た目は深蒸し煎茶のようになってしまいます。

 

上河内茶は普通蒸し(浅蒸し)の分類に入ります。

 

 

見た目だけでなく

葉が細かいため成分がお湯に溶けやすくなり

いつものように淹れると味が濃くなります。

 

そこで私はスーパーなどで販売している

お茶パックを利用します。

 

 

価格も高くないため買いやすいです。

 

茶筒のお茶が残り少なり

粉っぽいな~と感じるようになると

お茶パックの中に茶葉を入れて飲みます。

 

ちなみに粉っぽいと味が濃くなりやすいため

茶葉の量は少し減らしています。

 

 

それほど手間がかかるものではないため

手軽にお茶をパックの中に入れることが出来ます。

 

ちなみにこのお茶パックを利用して淹れると

下の写真のような水色になります。

(水色とはお茶を淹れたときのお湯の色の事です。)

 

 

三枚目の写真のお茶と比べると

ずいぶん澄んでいることがわかると思います。

 

水出し茶

お茶パックに茶葉を入れたものは

麦茶のパックのように使うことも出来ます。

 

茶葉は粉っぽいものでも

そうでないものでも大丈夫です。

 

麦茶ポットにお茶パックと水を入れ

冷蔵庫で約一晩ほど放置します。

 

早く淹れたい場合や濃く淹れたい場合は

ポットに入れるお茶パックの数を増やすといいでしょう。

 

水色はかなり薄く、味はすっきりとしていて

苦味・渋味はほとんどありません。

そのため水分補給としてごくごく飲むことが出来ます。