日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

草丈30㎝程に!

こんばんは。

静岡県内、多くの産地で

お茶の取り引きが始まりました。

 

静岡の茶市場では

手摘み・手揉みのお茶が

1キロ109万円の値を付けました!

 

過去最高の価格だそうです。

しかし、1キロ当たりの平均価格は

昨年よりも下がったと聞きました。

 

そのため、最高値を付けた物もある一方

全体的に見れば、平均価格は低下…。

まだ1番茶シーズンは始まったばかりなので

今後どのように変動していくか

しっかりと見極めていきたいと思います。

 

ちなみに上河内地区では

まだ1番茶(新茶)は始まっていません。

あと一週間ほど先になると思います。

 

小麦の様子

昨年の晩秋に蒔いた小麦は

2月にはこのような状態に

なっていました。

 

その後2か月が経過し、

現在ではこんな感じになっています!

葉や茎の大きさなど

たった2ヶ月の間に

大きく生長しました(^^)/

 

ただ大きくなるだけでなく

茎の本数も増えているのが

分かると思います。

 

これは『分げつ』と言うものです。

 

『分げつ』は根元の辺りから

新しい茎が伸び、これを繰り返すことで

茎の数が増えていくことです。

 

 

1枚目の写真では茎は1本だけでしたが、

3枚目の写真では

同じ根元から何本も茎が伸びている

その様子が分かると思います。

 

たった1粒の種から1つの芽が出て、

何本もの茎がある個体になっていく…

”植物の力は強いな”と改めて

実感させられます。

 

ちなみにこの『分げつ』ですが

麦類だけでなく、イネ(お米)やトウモロコシ

これらイネ科の植物で多く見られます。

 

苗を植えたばかりの田んぼで

最初は小さくスカスカな状態でも

葉や茎の生長と分げつにより、

夏ごろには一面じょう、緑が広がる

あのような状態になるのです。

 

現在育てている小麦は

順調にいけばあと2か月ほどで

収穫のめどが立つと思います。

 

初めて育てる作物なので

まだどうなるか分かりませんが、

それなりに収穫出来れば良いなと思います。