日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

現場の特権

こんばんは。

昨日そして今日と

雲がほとんどない快晴となり

気温も上昇!

初夏らしい天気が続いています。

 

気温が高く天気も良いことから

お茶の芽はグングン生長しています。

たった1日、たった一晩

これだけの時間でも少し大きくなります。

と言っても、はっきりと分かるのではなく

ほんの少し”大きくなったかな”と

感じる程度のものですが…(^^;)

 

日に日に変化していくお茶の様子。

お茶の芽の黄緑色がキレイな光景は

この季節だけしか見られない

期間限定の光景です!

 

現場でしか味わえないもの

どのような職種でも「現場の特権」

といったものがあるのではないかと思います。

 

特に農業では生産現場での”特権”

これらがたくさんあると思います。

例えば収穫したての野菜や果物は

生産している場所でしか食べれません。

 

例えばトウモロコシ。

トウモロコシは収穫すると

味が落ちていく一方なので

収穫後すぐに茹でて食べるのが

最高に美味しいです。

 

生産現場では収穫したての物を味わえるため

最高に美味しい状態の農産物を

食べることが出来るのは、

まさに農業という職業の特権でしょう!

 

お茶にも”現場の特権”があるかというと

1つあります!!

 

それは『お茶の葉の天ぷら』です(^^♪

パリッとした食感で

ほのかに苦味とお茶の香りがします。

 

つゆでも塩でも美味しく頂けます。

家には抹茶がないので試したことはないですが

お茶の葉の天ぷらを抹茶塩で食べる

というお茶尽くしの食べ方も良いでしょう!

 

 

茶農家あるいはお茶の樹があれば

摘みたての茶葉を

生のまま調理することが出来ます。

 

2枚目の写真は

お茶の葉を収穫して1時間内に

撮影した写真になります。

この時点では

つやつやで全く萎れていませんが、

3,4時間ほど過ぎてしまえば

少し”しんなり”した状態になってしまいます。

 

そのため仮にですが

お茶の葉を生のままで食卓まで届ける

ということをしたくても

現実的に不可能になります。

 

お茶の葉は生のままでは保存できないのです。

 

そのため

お茶の葉の天ぷらが食べられるのは

まさに現場の特権。

 

ちょうど今の季節、

産地などでしか食べることの出来ない

旬の食べ物です。