日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

生育・収穫ともに順調です

今日は午後になると雲が多くなり

日差しが弱くなったため、涼しい気温となり

農作業がしやすい1日となりました。

 

今日は講義が半日で終わったため

午後は手伝いで家の茶畑へ…。

機械での収穫と手摘みでの収穫を

午後1時から4時半ごろまで手伝いました。

 

一番茶が始まってから今日で5日目。

機械での収穫も始まったことで

1日あたりの収穫量は徐々に増えています。

ちなみに今日は約480㎏のお茶の芽を

機械と手摘みにより収穫しました。

 

ちなみに、これを煎茶へと加工すると

100㎏少々のお茶が出来上がります。

「100㎏の煎茶」と言っても

ちょっと想像できないですよね(^^;)

 

あくまでも平均ですが

日本での一世帯当たり

年間の緑茶の消費量は

600~700gほどとされています。

そのため100㎏のお茶となると

約150世帯分となります。

 

収穫する前では

黄緑色がキレイな茶畑も

新芽を収穫することで、

少し濃い色へと変化していきます。

茶シーズンが進むにつれて

収穫後の濃い色の茶畑の面積が

徐々に広がっています。

 

地域全体でお茶の収穫が進んでいくため

日に日に光景が変化しているこの頃です。

 

しかし、茶シーズンはまだ中盤。

まだまだ収穫を待っている茶畑があります!

 

2018年の4月は今日で終わり

明日からはお茶の最盛期

5月に突入します。

 

私にとって5月=お茶の月

というイメージを持っています。

今年は暖かさの影響により

お茶のスタートが歴史的な早さとなりましたが

平年であれば上河内地区は

5月の上旬から一番茶が始まります。

 

お茶が始まるのも最盛期を迎えるのも5月。

そのため私にとって”5月はお茶だ”

というイメージが強いのです。

 

今日は、たまたま早く学校が終わったので

家のお茶の収穫を手伝えたのですが

やっぱり体力的には大変でも

とても楽しく、そして嬉しいものです。

 

今日は短時間だけでしたが

またしっかりと手伝える日があるといいな

と思っています。