日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

二か月後のイネの姿

こんばんは。

今週月曜日に東海地方は梅雨明けしましたが

今日も”これぞ夏だ!”といった感じの

ムシムシとした夏本番の暑さとなりました。

 

しかし天候が不安定な時間もあり

夕方には山沿いを中心に雷雨となりました。

雷雨となった時間帯、

私は地元にいなかったのですが

かなり激しい雷雨となったそうです。

 

これからの季節は暑さにも

急な雷雨にも注意が必要ですね。

特にお茶の管理作業をしている時は

山の斜面で作業を行っているため

雷はかなり怖いです(>_<)

 

黒い雲が広がってきたり

ゴロゴロと聞こえてきたら、すぐに作業中止に!!

車の中に避難し、なるべく早く家に帰ります。

 

二か月間で・・・

さて本題に…。

約二か月ほど前に植え付けたイネですが

今現在ではここまで大きくなりました。

 

二か月前、植え付けた苗は

これほどの大きさでした。

 

約5㎝ほどの大きさの芽が

今では40~50㎝ほどになり

茎の数も1本から10本ほどに…。

だいぶ大きく生長しました(^^)/

 

根本付近から茎が増えていくことを

分げつ(ぶんげつ)と言うらしいのですが

イネはこの分げつを繰り返し

株が大きく生長していきます。

 

梅雨が明けたので日が当たる時間も長くなり

気温もイネの生長に適した温度となり

今後より一層、成長速度が上がりそうです。

 

ちなみに一枚目の写真、

バケツの水の色が茶色くなっていますが

これは肥料としてまいた

商品にはならないお茶によるものです。

 

お茶の葉にはたくさんの養分が含まれているため

私の家では商品にならない捨てるお茶を

家庭菜園の肥料にするなどしています。

 

お茶農家ならではの工夫をしたいと思い

肥料としてお茶を利用してみることにしました。

 

まいた直後は緑色をしているのですが

2日ほど経つと徐々に茶色く変色していきます。

香りも少し紅茶に近いような

そんな香りに変化します。

これは自然に起きることなので

何か問題があるわけではありません。

 

お茶を使ったイネ栽培。

どのような結果になるのか今から楽しみです。