日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

三番茶芽の生長

こんにちは!

今日も相変わらず暑苦しい天気が続いています。

先週と比べて気温は低くなっているのですが

湿度が高いのか、じめっとした

少し気持ちの悪い暑さになっています。

 

屋外での作業も半日が限界です…(>_<)

朝早い時間帯であれば楽なのですが

日が昇るにつれどんどん暑くなっていきます。

9時、10時ごろになれば

何もしなくても汗が噴き出てくるほどです。

そのためこの時期の屋外作業では

スポーツドリンクは忘れてはならない

必需品になっています!

 

ちなみに一昨日までに苦土石灰を撒き終え、

昨日と今日は機械で撒いた苦土石灰

土に混ぜる作業をしていました。

 

たっぷりと光を浴びて

お茶の栽培では一年に数回の収穫を行います。

その年の一番初めに収穫できるお茶が一番茶

これは新茶とも言われるものです。(4~5月)

その次に芽が伸びてきて収穫するのが

二番茶。(6~7月)

そして三番茶や秋冬番茶と、

収穫回数の多い産地では

一年間に4~5回の収穫を行います。

 

時期的に言えば、

現在伸びているお茶の芽は三番茶の芽。

三番茶芽(さんばんちゃめ)ということに…

 

ちなみに上河内地区では一年に二回まで

つまり一番茶と二番茶しか収穫は行いません。

収穫を行おうと思えば出来るのに

二回のみに止めているのには主に二つの理由があります。

 

一つ目は経営的な問題から…。

お茶の値段は一番茶が最も高く

二番茶以降は一番茶と比べようもないくらい

値段が下がっていきます。

 

真っ平らで広い畑であれば大きな機械が導入できるため

効率的に作業をすることができ

畑の面積も大きくすることができます。

このような経営であれば

単価が安いお茶を生産しても利益を出せますが

畑が傾斜になっている山間地では厳しくなります。

 

大きな機械が導入できないため

人手が必要になりますし

時期的に暑い環境下での作業が主に…。

労働環境的には良くはないですね(^^;)

 

作業を頑張って行っても

利益を出せるかどうか厳しく、

出せたとしても極僅かな額になります。

 

そのため上河内地区では

三番茶以降のお茶の収穫は行わなくなりました。

 

二つ目の理由は

一番茶(新茶)の品質を良くするためです!!

ちなみにこちらの方が理由としては大きいです。

 

お茶の樹は光合成で作った栄養を

葉や枝に蓄えていきます。

特にこれからの時期は冬に向けて

栄養をたっぷりと蓄えていく時期になるため

芽を収穫してしまうと、やはり光合成の能力は低下…

蓄えられる養分の量も少なくなってしまいます。

 

蓄えられた養分は翌年の春

一番茶の芽を伸ばす時に使われるため

これから秋にかけて蓄えられた養分が多いほど

翌年、一番茶の芽にいく養分が多くなります。

 

そのため三番茶の芽を、お茶の樹を

大切に育てていくことが

来年の一番茶の成果となって出るのです(^^)/

 

二番茶の収穫後、

ナラシという作業をした後は

濃い緑色の茶畑でしたが

現在では三番茶芽が伸びてきて

一面、黄緑色の光景になりました!

 

これからの秋にかけての作業は

”お茶の樹が快適に生長できる環境、

問題なく光合成が出来る環境を整える”

ことが大切となってきます。

 

まだまだ暑い日が続きそうですが

引き続き熱中症などには気を付けて

お過ごしください!