日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

苦土石灰による畑の準備

12月に入ってから初めての雨、

本日は久しぶりの雨になりました。

 

しばらくまとまった雨が降らなかったため

川の水はずいぶん減ってしまい、

土も少し乾燥した状態になっていました。

 

そのため今回の雨は

人にとっても植物にとっても

恵みの雨となりました!

 

しかし、今回の雨は

暖かい空気も引き連れての降雨。

寒い日が続いた後に気温が上がると

植物が勘違いし、花を咲かせたり

芽を伸ばすことがあります。

 

特に桜の木などで見かけることがあります。

本来であれば春に咲くものが、秋や初冬に咲く。

気温などの影響により

「春が来た」と勘違いしてしまうからです。

 

極まれに

お茶の樹も芽を伸ばすことがあるので

今回の雨と季節外れの暖かさは

ちょっと心配です…(^^;)

 

100均の苦土石灰

タマネギを植えるために行った

苦土石灰を撒いての土づくり。

 

今回は100均で購入した

一袋600g入りの物を使ってみました!

ちなみに購入したのは

ダイソー系列の100均です!

 

計1.2㎏分で216円。

苦土石灰は他の肥料と比べると

比較的安い肥料なので

100均での購入は少し割高になります。

 

しかし、ホームセンターなどでは

10㎏や20㎏などまとまった量の販売のみ。

もちろん使用する面積が広ければ

まとまった量の苦土石灰が必要になります。

 

しかし、5㎏以下の量であったり

あまり必要じゃないよ、使わないよ

と言った場合は

100均での購入が良いと思います。

 

というのも、

苦土石灰は湿気てしまうと

固まってしまいやすく、

袋の口を開けた状態で長期間保存するのは

あまり向いていないからです。

 

また、粒状にしてあるもの

粉状のもの、それぞれ違いはありますが

粉っぽいものはとても軽いため

周りへ飛びやすい、ということもあります。

くしゃみや汚れの原因になります。

 

あと、独特の匂いがします。

表現がしにくい匂いなのですが

個人的にはあまり気持ちの良いと感じる

香りではありません。

 

そのため

なるべく一度に使いきれる量を購入し

長期間保存することがないようにする!

このように使用するのが

良いのではないかと思います。

 

そこで今回利用したのが100均の苦土石灰(^^♪

 

これなら余っても

袋に詰められた状態で保存できます。

 

また袋の口を開けて

そのまま撒くことができるのもメリットです。

 

例えば20㎏入りの場合では

当然そのまま撒くのは大変ですし

量の調節も難しいです。

なのでバケツなどに移してから撒きますが

移す時に粉がブワッと舞います。

 

そのため

粉を吸い込んでしまいそうになることも…(^^;)

極わずかなので問題はありませんが

気持ち的に何となく嫌ですね…。

 

ちなみに100均のものは品質が悪い

というような印象も多少ありますが

全く問題はありません。

 

撒いた後は耕す!!

苦土石灰は撒いただけではダメ。

撒いた後は土とよく混ぜる

つまり耕すことがポイントです!!

 

耕すことで全体的に混ざり

土と苦土石灰がちゃんとなじみます。

 

そして耕した後は

しばらくそのままにすることも重要です。

土となじむまでに時間がかかるため

1,2週間ほど放置するのが基本とのこと!

 

なので野菜の苗を植える

2週間前には苦土石灰や肥料を撒いて耕し

土づくりをして、植え付けの準備を行います。

 

と、ここまで記事を書きましたが

実はちゃんとした土づくりをしたのは

今回が初めてです(^_^;)

 

肥料は撒いたことがあっても

苦土石灰は使用したことがなかったので

土は酸性に傾き、微量の栄養素は

不足していたのでは?と思います。

 

今までの生育と違いが出るのか

今回、苦土石灰を畑と

そうでない畑の2つを準備し

タマネギで比較実験を行ってみます!