日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

緑肥作物 ライムギ

「緑肥(りょくひ)」という言葉は聞いたことありますか?

緑の肥え。”肥え”というのは、一言で説明すると”肥料”の事なのですが、まさに文字通り!「緑肥」とは、緑色の肥えの事です!

 

植物を土に…

では何が緑色なのかというと、この「緑肥」の”緑”は植物の”緑”なのです。

”作物を育てる”と言うと、種を蒔き、苗を植え、人が食べるものを収穫する、そのような流れが一般的ですが、緑肥作物(緑肥にする作物のこと)は違います。

 

何が違うのか、というと…緑肥は野菜のように収穫は行いません。種を蒔き、育て、ある程度の大きさに生長したら、土に混ぜ込んで肥料にしてしまいます!

育てた植物を土に混ぜ、肥料にしてしまうから「緑肥」と言うのです。

 

また、肥料にするほかに、土をむき出しの状態にしない!という目的もあります。土がむき出しの状態であれば、強い雨が降れば土が流れてしまうこともありますし、強い風が吹けば土ぼこりが舞います。

このような事を防止する目的もあります。

 

さらに、緑肥作物の種類によっては”害虫を防ぐ”ものもありますし、強い風から作物を守る”防風対策”で栽培するものもあります。

 

緑肥は、種類によって様々な恩恵が得られる、面白い作物なのです。

 

ライムギ栽培

緑肥作物として有名なものは、クローバーやレンゲ、ヒマワリやエンバクなどがあります。よく冬から春にかけて、田んぼにレンゲが生えている場所もありますが、このレンゲは花を楽しむだけでなく、緑肥としての役割もあるのです!

 

緑肥はプロの農家だけでなく、家庭菜園の場合でも行うことはできます。大きなホームセンターに行けば、緑肥として何種類かの種も販売されています。

 

家庭菜園の畑では、育てる野菜の種類が少なくなる晩秋から春先にかけては、土が裸になることも多いので、今年も緑肥栽培にチャレンジしてみることにしました!

 

今回、栽培を行ってみるのは「ライムギ」

ライ麦パンとして食べることもあるムギの一種です。

ライムギの種は細長く、まるでタイ米のような形をしています。

 

11月の下旬に種まきを行い、現在では小さな芽がたくさん出てきました。

ちなみに種まきの際に、肥料を土に混ぜたりはしていません。ただ軽く耕し、種を蒔き、土を被せただけの、とても省力的な種まきです。

根元付近は、ほのかに赤紫色になっている、ウサギの耳のような形をしているライムギの芽です。

 

ちなみに本来であれば10月中など、もっと早い時期に種を蒔くのが正しいのですが、育てよう!と取り組むのが遅く、種まきの時期も遅くなってしまいました(^^;)

 

土づくりには長い時間がかかります。野菜たちが育ちやすい土を作れるように、今回のライムギ栽培も含めて、ちょっとずつ、ゆっくりと良い土をつくっていきたいと思います。