日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

桃栗三年柿八年 お茶の場合は・・・

「桃栗三年柿八年」この言葉を聞いたことはありますか?

 

果樹を植えてから実が生るまで、どのくらいの時間が必要となるのか、を表していますが、そこから”何事も成就するまでは時間が必要になる”という意味を持つ、ことわざになっています。

 

しかしながら、桃栗「3年」柿「8年」の必要となる時間は、ただ当てはめたものではなく、本当に必要な時間となっています。大体、桃や栗の種を蒔けば3年で、柿の場合は8年ほどで実が生るようになるのです。

 

では、お茶の樹の場合はどうでしょうか!

 

植え付け後、3年目から収穫開始

お茶は野菜などとは違い、種から育てるわけではありません。『挿し木』によって増やされた苗木を植え、育てていきます。

 

そのため、植え付けをしてから何年後に収穫を開始できるかが、お茶農家にとって重要な問題となるのです!

 

お茶の樹の苗木は『挿し木』を行って、2年間育てたものを使用し植え付けるのが一般的です。このような苗のことを『2年生苗』というのですが、今回はこの『2年生苗』を前提に進めていきます。

 

苗の植え付け時期は、気温が徐々に上がり春に向かいつつある『3月』が最も一般的です。

3月に植え付けた苗は、2年間は収穫などを行わず、根を張らすこと・株を大きくすること、に重点を置いて栽培します。

 

植え付けから数年間の間は、根を地面深くまで伸ばし、幹や枝の数を増やし、頑丈で健康な樹にすることが大切です(^^;)

 

植え付けを行ってから3年目の春から、生育が良いお茶の樹で条件が整えば、徐々に収穫を行うことができるようになります。

 

しかし、まだまだ樹は未熟な状態です。もちろん収穫量は少ないですし、株を大きくするために、収穫の回数も年に一回にするなど、回数を抑える必要もあります。

 

4年目の春からは、どのようなお茶の樹でも収穫を始めることが出来るようになり、5年目の春からは年に2回以上の収穫も行えるようになります!

 

収穫量が増えるようになるもの、5年を過ぎたあたりからです。

そして7年から8年ほどで『成木(せいぼく)』大人の樹、と同じような状態になります。

 

「桃栗三年柿八年」ですが、お茶の場合は

挿し木をしたタイミングを基準とすれば最短で5年植え付け基準であれば3年後から収穫を行えるようになります。