日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

『浅蒸し・普通蒸し煎茶』と『深蒸し煎茶』 二種類の煎茶の違い

普段よく飲むのは「煎茶」?

価格の安い「番茶」、あるいは香ばしさのある「ほうじ茶」?

 

最近では、抹茶味のアイスやお菓子なども人気を集めています。

 

一言で「緑茶」と言っても、実に様々な種類があります。栽培方法・製造方法も違うため、一軒の農家で全ての種類の「緑茶」を生産する、というのはほぼ不可能です。

 

日本には何種類もの「緑茶」があるのですが、今回はその代表格である『煎茶』の種類について投稿したいと思います

 

昔ながらの本物の煎茶「浅蒸し・普通蒸し煎茶」

私たちにとって、最も身近なお茶は「煎茶」であると思います。しかし「煎茶」は、さらに2つのグループに分けることが出来ます!

 

収穫したお茶の葉を、まず”蒸して”加工していくのですがお茶の葉を蒸す時間により、「浅蒸し・普通蒸し煎茶」と「深蒸し煎茶」の2種類に分けることが出来るのです。

 

まず「浅蒸し・普通蒸し煎茶」ですが、”浅蒸し・普通蒸し”というのは『生葉を蒸す時間』のことを表しています。

 

蒸す時間が昔から受け継がれてきたもので、これが標準的な時間になっているため、『普通蒸し』という名前が付いているのです。

 

ちなみに『浅蒸し』というのは、近年生まれ現在主流になっている『深蒸し煎茶』に対して、お茶の特徴を分かりやすくするために、言われるようになりました。『普通蒸し』では、どのようなお茶なのか、イマイチパッとしないので、『浅蒸し』の方が分かりやすいと思います(^_^;)

 

『浅蒸し・普通蒸し煎茶』は、香りが良い物が多く、うま味や甘味、渋味、苦味のバランスが良いお茶です。淹れ方次第で、うま味を強く感じるお茶になることもあり、逆に苦味を出してパンチのあるお茶にすることもできる、美味しいだけでなく、淹れ方でいくつもの表情を見せる面白いお茶になっています。

 

淹れた時のお湯の色は、澄んだ黄緑色や金色に近い色になります。緑色の濃いお茶に慣れている方が見ると、「あれっ」と感じることもあるそうです。

 

また「煎が効いたお茶」であるため”一回だけ入れて終わり”ではなく「2煎目」「3煎目」…

物によっては「5煎目」くらいまで、味の変化を楽しみながら飲むことができます。

 

主に葉が柔らかく育つ山間地域での生産が多いですが、近年の生産量は徐々に減少しています…。

 

ちなみに、岡埜谷農園のある上河内地区では、この『浅蒸し・普通蒸し煎茶』の生産を行っています。

 

鮮やかな緑色の「深蒸し煎茶」

『浅蒸し・普通蒸し煎茶』の蒸し時間が30~40秒ほどなのに対して、『深蒸し煎茶』は60~90秒、中には2分近く蒸す物もある蒸し時間の長いお茶です。

 

静岡県の煎茶生産量の約8割以上が『深蒸し煎茶』で、掛川や牧之原で盛んにつくられているお茶です。

 

蒸し時間を長くすると、苦味や渋味を抑えることができ、うま味や甘味を感じやすくさせることができます!また、淹れ方も『浅蒸し・普通蒸し』と比較すれば簡単で、誰でも美味しく淹れやすい!という特徴もあります。

 

ただし、蒸し時間が長いことで、香りの成分が減少するため、香りは楽しめません。香りよりも、色や味を楽しむお茶、といった所でしょうか…。

 

深蒸し茶』は淹れた時のお湯の色が、濃い緑色になります。『浅蒸し・普通蒸し』と比較すると一目瞭然で、2種類の煎茶を最も簡単に見分けられるポイントです。

 

現在は『深蒸し煎茶』の生産が主流になっているため、煎茶=深蒸し茶、色が濃く出るお茶というイメージが出来上がっています。