日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

タマネギの植え付けとその後

いよいよ2018年も残り10日を切り、クリスマス・年末の雰囲気が日に日に強くなっていますね(^^)/

 

今日は朝から雨が静かに降り続いています。一年で一番昼が短い冬至だけあって、日中でも薄暗い一日になっています。

 

島田市川根町では、まとまった雨が降るのは久しぶりの事です。最近は晴れ続き、雨が降ったとしても少しだったので、川を流れる水の量は少ない状態でした。

 

今回のまとまった雨で水不足にはならずに済みそうです…。

 

タマネギの植え付け

タマネギの栽培を始めてから約三か月が経過…。種からの栽培に挑戦していますが、種から育てる場合は途中で植え替えを行う必要があります。

 

種を蒔いた後は、乾燥に注意しながら土が乾いたら水やりをするなどして、苗をまずは育てていきます。

ただし、種を蒔いた状態で育て続けてしまうと、株同士の間隔が狭くなってしまい、タマネギには育ちません。

 

そのため、ある程度の大きさまで育ったら一度扱いでしまい、苗として改めて畑に植えます。

 

ホームセンターなどでは、季節になればこの状態の苗を販売していますね…!

 

苗として育ったタマネギは一度全て扱いでしまい、事前に苦土石灰と肥料を撒いて土づくりをしておいた畑に、約10㎝ほどの間隔を空けて、一本一本植え付けて行きました。

 

苗の本数は多めに用意しておき、状態の良い物を選んで植えていくのがポイントです!

例えば、ひょろっとした細い苗や小さな苗、根の量が少ない苗は取り除き、ある程度の「太さ」「大きさ」がある健康的な物のみを選抜します。

 

植え付けた後、根が張るまではクタッと葉が垂れてしまったり、元気がないように見える時もあります。

しかしそれは一時的なもので、根が張れば再びシャキッとした姿に戻ります。

 

植え付け後に水やりを行えば、乾燥を防止できるため、根張りを良くすることができ、植え付け後の生育が順調になります。

ただし、重い水を運んだりするのは、ちょっと面倒…(-_-;)

 

そのため植え付け時期を調節。週間天気予報を見ながら雨が降りそうな日の、前日から数日前を狙って行うのも一つの手です!

 

寒さ厳しいこれからの時期は、はっきりと見た目には表れませんが、じわじわとゆっくり生長しています。

 

今シーズンは暖冬傾向だという予報なので、それらの影響なく育ってくれると良いなと思います。