日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶の実

メリークリスマス!

いよいよクリスマスを迎え、年越しまでは残り1週間…。今年も一年間あっという間だったなぁ、と思うこの頃です。

 

年賀状も無事に書き終わり、既に投函もすませてあるので、年を越す準備としては大掃除を残すのみとなりました。

 

秋以降は学校行事が目白押しで、部屋の掃除を少しないがしろにしてしまっていたので、大掃除を期に徹底的にキレイにしていきたいと思います(^^)/

 

茶色のお茶の実

11月を過ぎるとお茶づくり、畑の管理に関しては、大きなものはほとんどなくなります。

 

と言うのも、お茶の樹は冬の寒さ厳しい期間は休眠しているので、お世話をすることがないのです!

例えばこの冬の休眠期間中に、肥料を撒いたとしても吸収してくれません…。

 

そのため茶畑に行く機会は、春から秋までの間と比べると激減します。何か作業をしに行くというよりも、お茶の樹の様子を見に行く、畑の状態を見に行く、ということを目的として行くことが多いです。

 

そんな冬の茶畑ですが、秋から冬にかけて多く見かけるものがあります!

 

それは『お茶の実』です。

“実”といっても、桃や梨のように柔らかい果肉部分があるわけではなく、栗や銀杏のように種にあたる部分になります。

 

ただ、栗や銀杏と違うのは「食べたりしない」ということでしょうか…(^^;)

 

本来であれば、お茶の樹を育てるポイントとして『なるべく花が咲いたり、実が生ったりしないように育てるのが良い』とされているのですが、植物である以上、全く花を咲かせないようにする・実が生らないようにするのは、不自然かつ困難な事です。

 

ただ、全くつぼみや花がない畑も見たこともあります。

聞いた話ですが、品評会などでは減点対象になることもあるそうなので、つぼみ・花・実は全て手で取り除くこともあるそうです。

 

教科書的には嫌がられるお茶の実。しかしながらこのお茶の実は、様々な楽しみ方があります。

 

茶の実油

まず、最近注目を集めているのがお茶の実の油『茶の実油』です!

 

お茶はツバキ科の植物。ツバキの実を搾ると『ツバキ油』が採れるように、同じ科のお茶からも油を搾ることができます。

 

茶の実油には、オレイン酸などが含まれているそうで、コレステロール値を下げる効果があるそうです。実際、茶文化の始まりの地である中国では、食用油として珍重されてもいます。

 

日本でも、特にここ数年の茶業界で茶の実油への注目が集まり、新商品として作り始めたお店もあります。

 

私はまだ味わったことがないので、どんな味がするのか?香りがするのか?機会があれば試してみたいと思っています!

 

遊び道具

お茶の実の形は丸に近い…。

そのため、昔はパチンコの玉として使い、飛ばして遊んだこともあるそうです。

 

あとは「お茶の実相撲」といって、”お茶の実を互いに一粒ずつ選び、押し合いっこをして、先に殻が割れると負け”というように、遊ぶこともできます!

 

今日はクリスマスイブ。丸い形状を生かして、カラフルに塗って、飾りなどとして使うことも出来そうだな、とも思います。

 

生産者側から見れば、あまり実らせたくないお茶の実ですが、その楽しみ方は様々なものが考えられそうです(^^♪