日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

茶の樹の根っこ

天気が良い日が続いている静岡県島田市…。年末以降、一切雨が降ることがなく、今日まで快晴の日が続いていますが、雨が降らないため川の水がかなり少なくなっています。

 

このまま雨が降らなければ、水不足になる可能性もあるので、そろそろ雨が降って欲しいところです(>_<)

 

土の中では

こちらの写真はお茶の樹の一部になるのですが、どこの部分でしょうか?

茶色っぽくて太さもある茶の樹の一部分…。直径は5㎝以上あります。

 

パッと見て『枝』のような感じがしますが、実はこれはお茶の樹の『根』なのです!

 

普段見えているのは地上部分のみで、土の中にはこのような根っこが張っています(゚д゚)!

 

根っこの表面を拡大するとこんな感じです。

 

ちなみにこの根っこは、昨年改植をするために古い樹を抜いた時に拾ってきたものです。

よく乾燥させて「茶さじ」のような物でも作ってみようかな、と思っています。

 

お茶の根っこ

土の状態や樹の年齢にもよりますが、お茶の樹は地表から50㎝くらいまでの深さまでで良く根が張り、条件が良ければ1m以上深くまで伸びる時もあります!

 

そして年数の経過とともに、根は太くなっていきます。そのため、簡単には抜けません…。

植え替えを行うために、古いお茶の樹を抜く時は、重機などの機械や道具を使用する必要があります。

 

植物にとっての根っこは、体を支えたり、水分や土の栄養分を吸収する目的があります。

 

お茶の樹の根っこも、水分や土の影響分を吸収するためには欠かせない重要な部分です。また夏の間に光合成をして作られた栄養分の一部は、根っこに蓄えられます。

 

そのため、深くまで根が張り、徐々に太く生長していくのです。

 

お茶は地上部分の芽や葉を収穫する作物なので、ついつい目に見える部分ばかり注目しがちです…。しかし、本当に良いお茶を作るためには目に見えない部分、根っこや土の状態にも目を向けることが大切になります。