日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

静岡県 お茶にまつわる都市伝説 学校編

現在、お茶の生産量日本一を誇る静岡県。お茶づくりは主な産業の一つであり、お茶の持つ影響力はとても強いです(^^;)

 

他県の方から見れば「ホントに?」「ウソでしょ?」と思うような、お茶にまつわる都市伝説?のようなものを、今回は投稿していきたいと思います。

 

お茶の出る蛇口⁉

学校にある”流し台”といえば教室の外、長い廊下の途中にあるものだと思います。いざ給食になれば、手洗いのために生徒が殺到し大渋滞…。グランドから帰ってきた時に手を洗ったり、掃除の時間には水を汲んだりと、一日に何度も利用した場所でした。

 

そして、そんな”流し台”には、銀色の水の出る蛇口がいくつか付いていますね!

 

しかし静岡県には、水ではなく、何とお茶が出てくる蛇口があるのです!

ちなみに、観光施設ではなく、駅や空港でもなく、あくまでも学校(小学校など)の設備としてです。

 

蛇口から出てくるお茶は、もちろん飲むことができますし、『お茶うがい』といってお茶でうがいをする時に使用されているそうです!

 

ただし、全ての学校で「お茶の出る蛇口」があるわけではありません…。実際、私の通っていた学校にはありませんでした(-_-;)

 

県内では、極たまに学校の「お茶の出る蛇口」が地方ニュースになることがあるので、県内での認知度はとても高いですが、実際はそれほど多く導入されている設備ではありません。

 

給食当番『お茶係』

学校の楽しみの1つと言えば「給食」

余った分のデザートをめぐってのじゃんけん対決やソフト麺、カレーライスなどの人気メニュー…給食にまつわる思い出はたくさんあるのではないでしょうか?

 

そして、給食の時間になるたびに行うのが「給食当番」による配膳。授業が終わったら急いで白衣を着て、マスクをつけ、給食の入ったトレーや鍋、食器などを運び配膳を行ったものです…。

 

当番制で、担当の期間と物を決められ、運んだり配膳を行ったりしますが、静岡県には『お茶係』なるものがあります!

 

では『お茶係』はいったい何をするのか?というと、お茶がたっぷり入った大きな”やかん”を教室へと運んでいくのがお仕事です!

 

給食の飲み物と言えば『牛乳』がありますが、「お茶が出る代わりに牛乳はない」という訳ではありません。もちろん牛乳はありますし、それとは別に飲み物として「お茶」があるのです!

 

社会見学はお茶工場⁉

小学生も高学年くらいになると、社会見学でスーパーなどのお店や市役所や消防署などに、行くことがあったと思います。

 

静岡県では、大きな茶産地が県内のあちらこちらにあることから、特に大規模な産地にある学校では、社会見学として『お茶工場』へ行くことが、ごく普通です!

 

私は、実際にお茶を製造している期間中に、そして機械も動いている状態の中で、生産者の方の話を聞いたり機械を見たりしました(^^)/

 

そして、お茶を揉む機械の名前や順番、お茶の種類(煎茶や玉露、番茶など)も、なんと小学生で覚えてしまい、言えるようになります!

 

文化発表会などでは、お茶のことに関して発表を行うことも多かったですね…。

 

お茶摘み体験、お茶の淹れ方教室

お茶に関する授業はまだまだありました。

 

お茶の芽が伸びる季節であれば、学校のあるいは学校の近くの農家さんの畑に行き、お茶摘みの体験…。

 

友達同士でワイワイ楽しみながら、『一心二葉(いっしんによう)』という摘み方で、どんどん摘んでいきます!

 

摘んだ葉っぱは、それぞれ家に持ち帰って天ぷらなどにして貰ったり、集めてお茶に加工してもらったりと色々で利用します。

 

静岡県内にはお茶摘み体験ができる施設がいくつかありますが、その数百円から千円ほどを支払って行うお茶摘み体験を、授業の一環として小学生が行うことも多いです!

 

そして、お茶摘みのほかに『お茶の淹れ方』を勉強することも…。お茶屋さんや生産者の方が学校に来て先生となり、お茶の淹れ方を一から教えていく授業があるのです!

 

茶葉を何グラム急須に入れ、湯呑にお湯を入れて湯冷まし。急須にお湯を注いだら時間を計って、きちんと淹れていく…。

 

そのような、お茶の基本的な淹れ方を一からじっくりと行っていきます。

 

そして、普段飲む煎茶だけではなく、高級な玉露の淹れ方であったり、玄米茶や番茶など、いろんな種類のお茶も淹れたり、飲んだりしていくのです!

 

なかには、煎茶や玉露、玄米茶など、お茶の名前を伏せた状態で、飲むだけでそのお茶の種類を当てることができる、そんな小学生もいるほどです(゚д゚)!

 

ちなみに、飲んでお茶の種類を当てるのは大人でも難しいです!

 

修学旅行はお茶の宣伝と共に⁉

学校の集大成となる、一大イベントと言えば修学旅行!!しかし、そんな修学旅行ですらお茶の影響力から逃れることはできません(>_<)

 

全ての学校で行われている訳ではないのですが、有名な茶産地にある学校の一部では、修学旅行の際にお茶の一煎パックを持って行き、出会った人やお世話になった人にプレゼントする、そのような活動をしている学校もあります!

 

修学旅行前になると、お茶屋さんやJAなどから一煎分のお茶が入ったパック(一煎パック)が学生に手渡され、学生はそれを持って修学旅行に行き、旅行先で宣伝活動をしてくる、このような流れで取り組まれています。

 

修学旅行シーズンになると、一煎パックの受け渡しの様子などが、テレビや新聞で取り上げられることが多くなり、地域やJAの広報誌では毎年必ず受け渡しの記事を見ます!

 

伝説のお茶摘み休み!?

最後に紹介するのが、お茶産地ならでは、そして最大の都市伝説とされている『お茶休み・お茶摘み休み』です。

 

文字通り、「お茶休み・お茶摘み休み」はお茶を摘んだりするために学校が休みになるものです!中高年の方からは、たまに「お茶で学校が休みになった」と話を聞くことがあります!

 

では、実際はどうなのかというと「お茶休み・お茶摘み休み」は現在では無いと思われます!

 

私が通っていた学校では、そのようなお休みはなかったですし、休みになっている学校があると話を聞いたこともありません!

 

ただし、あくまでも『現在では無い』だけで、実は昔はあったのです(゚д゚)!

 

私の父はすでに60歳を超えているのですが、小学校に通っていた頃はお茶摘みの時期なると、本当に学校が休みになったそうです。

 

お茶の収穫には人手がとにかく必要!そして、お金をお茶の生産から得ていたことから、お茶の収穫作業であるお茶摘みは、とにかく重要です。

 

特にお茶の産地では、ほとんどの生徒がお茶農家の子どもであったり、親戚がお茶農家ということで、一家総出で親戚もまき込み、人も雇い、お茶を摘んでいました。

 

そのため、学校も休みになり、家の手伝いに参加できるようになっていたそうです。

 

しかし、それから月日が経ち、現在では収穫作業の機械化が進み、広い面積でも少人数で行うことができるようになりました。

 

そのため、今では『お茶休み』は必要なくなったのでしょう…。