日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

牧之原台地にある、大きな丸い塔の正体とは!?

いよいよ1月も終わりを告げようとしています。

「1月は行って、2月は逃げて、3月は去る」というような言葉があるように、年明けから年度末までは、あっという間に時間が過ぎてしまうような感じがします。

 

私事ですが、現在通っている学校の後期試験が1月上旬にあり、今月末には卒業論文の提出(残り数日ですが(^^;))と資格試験が控えているため、今月は予定がギッシリ詰まった月となっています。

 

ただ、卒業論文を提出し、来月の発表会を終えてしまうと、いよいよ『学校』という場には通わなくなってしまいますし、『学生』という肩書であるのもあと2か月間だけ…。残り少ない日々を、しっかりと過ごしていきたいと思います。

 

牧之原台地にある丸い大きな物体とは…?

牧之原台地に行くと、どこまでも広がっていそうな広大な茶畑がありますが、その所々には、丸く大きな塔のような物体があると思います。

写真中央の、青色の丸くドーム型のこんな感じの物ですね…。

車で台地の上を走っていると、数km間隔でこのような物を見かけることがあると思います。

 

何となく、港などで見かけることがあるガス類のタンク、のような感じもしますが、燃料は入っていません!

 

この丸く大きな塔のような物体の正体は…『貯水タンク』です(^^)/

 

普段の生活を送るためにも、工場で物を生産するにも、植物を育て農産物を得る農業を行うにしても、水がなくては何も出来ません!

 

そのため、牧之原台地では非常に大切な水を確保するために、このような大型の貯水タンクが所々に設置してあるのです。

 

台地の上だからこそ…

牧之原台地と名前が付くように、この貯水タンクがある場所は台地の上。周辺よりも標高が高くなっています。

 

水は上から下へ、標高の高い所から低い所へと流れていくもの…。そのため、台地の上では水をくみ上げる必要があります。

 

写真のように、水が流れる大きな川は、牧之原台地の上から見ると下を流れています。

 

そのため、水をくみ上げる必要があるのです!

ただ、常時使用される分の水をくみ上げていたのでは、安定的に供給できません。

 

そこで、大型の貯水タンクを設置し、くみ上げた水をタンク内に貯めておくことで、安定的に水を供給することができるようにしたのです。

 

牧之原台地にある大型の貯水タンクは、様々なデザインのものがあります。お茶や茶畑を彷彿させるようなデザインもあり、ちょっぴり印象に残りますし、見比べてみると面白いです。