日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

雨上がりの茶畑

昨日は、お昼過ぎから断続的な雨となった1日でしたが、今日は一転して良い天気になりました(^^)/

 

昨日は雨は降ったものの、川の水量はそれほど増えていないので、大半が土に吸収されたのだと思います。植物にとっては恵みの雨となったのではないでしょうか!しばらくの間は、植物が吸収する水分の不足には心配せずにすみそうです…(^^;)

 

気温の低下による路面の凍結もなかったため、ひと安心した1日でした。

 

お茶の樹にとっても、今後の雨は重要になっていきます。

 

まだ、休眠中なのでそれほど芽は動いていませんが、立春も過ぎると気温が徐々に上がっていくため『春が来た!』と感じます。すると、生長のスイッチが入り、新芽が徐々に膨らみ始めていきます。

 

その際、重要になるのが気温のほかに”水分”と”肥料”です。

 

土に水分がない状態、少ない状態だと、お茶の樹は水分不足になってしまいます。人にとっても植物にとっても水は重要なもの!

 

生長していく際には”水分”、つまり雨が降らないと、順調に生育していきません。そのため、芽が生長する時期には適度に雨が降ることが必要なのです。

 

もう1つの”肥料”は人の手によって施されます。春に施す肥料の事を「春肥(はるひ、はるごえ)」というのですが、これはちょうど今の時期に行うものです!

 

一番茶(新茶)の収穫時期が早い地域、例えば磐田や御前崎のような地域では、1月下旬から行うこともあるそうですが、上河内地区では2月の上旬から…。これから行っていく作業になります。