日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ポップコーンづくりに挑戦!

今日は、全国的に寒波の影響が出ている天気となっていますね…。空港など影響が出ている場所もあり、北海道では記録的な寒さにもなっている、ということで、命や身体に関わる被害が発生しないことを祈るのみです(>_<)

 

川根町上河内地区はつい先ほど、10時半頃から雨が降り始めました。

雪になる可能性もあるとのことだったので、少し心配していたのですが一安心です(^^;)

 

ただ、今後気温が下がることがあれば、雨から雪に変わる可能性も考えられるため、安心ばかりしてられませんね…。

 

もう10年ほど昔のことになりますが、2月14日つまりバレンタインの日に少し雪が降り、茶畑の上にうっすらと積もったことがあります。そのため、2月になったから、立春を過ぎたからと言って、安心できるものではありませんね。

 

暦の上では春を迎えていますが、まだまだ寒さや雪などの影響は続きそう。体調面には気を付けてお過ごしください!

 

1からの挑戦!

今年の春から夏にかけての、家庭菜園のテーマとして取り組んでいくのは「カボチャ」「ナス」そして変わり種の「ポップコーン」です。

 

まだ、冬から初夏にかけて栽培している「ニンニク」「タマネギ」「ソラマメ」の収穫は迎えていませんが、夏野菜の種まきは、早いものでは3月4月頃から始まるものもあるので、少しずつ準備を始めています!

 

ニンニクやタマネギの収穫があるのは大体6月。夏野菜の種まきは、5月頃には終えてしまうので、4月から6月頃は1年で一番、畑が混雑する季節です。

 

畑のスペースや育てる野菜の栽培期間など、それらをしっかりと考えたうえで、どの場所で何を育てるのかを決めることが大切なので、野菜類の手入れが少なくなる冬の間は、栽培の計画を立てるのにはピッタリの季節です!

 

今回栽培する野菜の中で、今まで栽培してきた野菜の中で、最も変わっているもの…。それは今回挑戦することにした「ポップコーン」です。

 

映画館ではお馴染みのポップコーン。スーパーやコンビニでも売られている袋入りの物はもちろん、自分で炒ってポンポンはじけさせる、乾燥した種タイプのポップコーンもありますね!

 

それを『1から作れたら面白そうだな…』と思ったのが、今回ポップコーンを栽培することにした決め手です(^^)/

今までも種は販売されているということで、気になっていたのでちょうどいい機会となりました。

 

実際はトウモロコシ栽培

ポップコーンの栽培というと、ちょっと特別な印象もありますが、実際はトウモロコシの栽培です。トウモロコシを栽培できるスペースがあれば、誰でも取り組む事ができると思います!

 

普通のトウモロコシ、つまりスイートコーン栽培と違うのは大きく2つ。1つは『品種』で、もう1つは『収穫時期』です。

 

スイートコーンの場合は、甘くてみずみずしい状態で収穫。ひげが黒くなった頃が収穫のタイミングと言われていますが、ポップコーンの場合はさらに乾燥させます。

 

身を包んでいる皮がしなびて、茶色く枯れたような状態になった頃に収穫を行い、さらに乾燥させていきます。よく乾燥させることが、上手くはじけさせるポイントになるそうです!

 

今回栽培する品種は、サカタのタネの”まるポップ”という、ポップコーン専用品種です。具体的な栽培方法は、挑戦していく中でお伝えすることができれば良いな、と思います。