日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

様々な香り!フレーバーティーの面白さ

フレーバーティー』という言葉を聞いたことはありますか?

 

ティー」とは”お茶”のことで「フレーバー」とは”食品を口に入れた時に感じる香りや風味”などのことですね。

 

最近は、普通の緑茶とハーブやドライフルーツを組み合わせた、新しいフレーバーのお茶が徐々に作られるようになってきています(^^)/

 

香りが豊かです!

フレーバーティーの醍醐味は香りです!!

 

加えるフレーバーによっては味に変化を与えるものもありますが、香りを楽しむお茶であると思っています。

 

例えば、イベントの際に購入した”大井川農協”さんの『レモンマートル緑茶』は、緑茶レモンマートルを組み合わせたフレーバーティーになります。

 

袋の口を開けた瞬間にレモンの香りがしてきます。

 

レモンマートル緑茶の場合は、茶葉の見た目の違いはありません。どれがお茶の葉っぱで、どれがレモンマートルなのかはよく分かりません…。

 

しかし、茶葉の状態でも、淹れている最中でも、飲むときでも、レモンの香りがしっかりとしてきます。茶の味は番茶のような、程よい苦味渋味の飲みやすい味でした。

 

ただ、お茶の味を楽しむよりも香りを楽しむお茶だな、と感じました(^^;)

 

自分好みの香りに…

『レモンマートル緑茶』のように、すでにハーブなどと混ぜられたフレーバーティーは、様々な種類の物が販売されています。

 

しかし、販売しているお茶屋さんは、まだまだ少ない状態です。

 

お店で自分の好みを探すのも良いですが、フレーバーティーは自分でも簡単に作ることができます。

 

柑橘類、例えばミカンや柚子の皮を良く乾かし、普段のお茶に混ぜて飲むのも、立派なフレーバーティーです。柚子の場合は特に、爽やかな香りがするので面白いですね。

 

他にも乾燥させてあるものであれば、お茶と組み合わせることが出来ます。

 

自分の好きなお茶に、好きなフレーバーを組み合わせて飲む…。完全オリジナル、自分だけのフレーバーティーを作ることは誰にでもできます!