日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

茶の樹をキレイに… かまぼこ型にする理由

こんばんは!

今日は曇りがちの1日で、夕方からは通り雨が降りました…。みぞれ混じりの雨で、上空には冷たい空気が入ってきているのかな?と思います。

 

日中は気温も上がり過ごしやすい気温でしたが、吹いてくる風は冷たく体を冷やすものでした。そして、その風にあおられて花粉がブワッと…。

 

車のフロントガラスはほのかに黄色くなっているので、大量に花粉が舞っているのだな、と実感しました(>_<)

 

花粉症をもっているため、この時期の屋外作業は少し大変ですが、一番茶(新茶)の収穫へ向けてラストスパートということで頑張っています!!

 

今回はお茶の樹をキレイに整える『化粧刈り』という作業を行いました。

 

 

株をキレイに整える!

お茶の樹の表面を刈り、生育を整えたりする作業のことを『整枝(せいし)又はナラシ』というのですが、この作業は1回だけではなく2回,3回と行うことがあります。

 

1回だけでは完全にキレイに整えることが出来ないため、何度か行う必要があるのです。

(一番茶と二番茶の収穫後、秋にそれぞれ行っています)

 

そして、何回か行う『ナラシ』という作業、その最後の1回のことを『化粧刈り』と言います。

 

秋に伸びていた芽を刈り

 

株面を一度キレイに整えます。

 

秋に『ナラシ』を行い、ボーボーに伸びていた茶の樹をキレイに整えましたが、畑の場所によっては強い風の影響などで、葉っぱがペラペラと立ってしまうことがあります。

 

こちらの畑は、昨年『中切り』という作業を行い健康な枝にリセットした畑なので、葉っぱの数が少ないです…。

 

秋ではキレイに整えられていましたが、冬の強い風の影響で上へ向かって、立っている葉っぱがあります。

 

 

このような状態で収穫を迎えてしまうと、新芽に古い葉っぱが混入するリスクが高まります。

 

古い葉っぱもお茶の葉であることには変わりはないのですが、高品質なお茶を生産するためには、新芽や新しい葉っぱだけでお茶を作ることが大切です(^^)/

 

そのため、古い葉っぱがなるべく入らないように、茶の樹をキレイに整える必要があり、『化粧刈り』という作業を行います。

 

 

表面すれすれを刈り取り

『化粧刈り』は、茶の樹の表面を刈り取り、キレイに整える最終作業なのですが、刈り取りの高さがとても重要になります。

 

特に、今の時期は春に伸びて来る一番茶(新茶)の芽が、すでに膨らみ始めているため、新芽は残し、邪魔な葉っぱだけを刈り取りするため、高さの調節が難しいです(^^;)

 

 

高い位置では、新芽を刈り取ることは絶対にないのですが、邪魔な葉っぱも刈り残してしまいます。逆に低い位置では、邪魔な葉っぱと共に新芽も刈り取ってしまいます。

 

そのため、秋にナラシで整えた茶の樹の表面、すれすれの位置で刈り取りを行っていきます。茶の樹の表面をなでるようなイメージです!

 

 

目立った変化はあまり生まれません…。しかし、この作業を行うことで確実により一層キレイに表面が整えられ、品質の良いお茶を収穫・製造することに繋がります。

 

一番茶(新茶)の収穫までは、あと2か月ほど…。あっという間に2か月という時間は過ぎてしまうので、1日1日を大切にしていきます。