日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

夕焼けの茶畑

こんばんは!

今日は静岡市で「ウグイスの初鳴き」が観測されたことが、ニュースとなりました。山間の地域だけでなく街にも、春の訪れを感じさせるものが届きつつあるのですね…(^^♪

 

川根町上河内地区では、1週間から2週間前からウグイスの鳴き声を耳にするようになりましたが、その後スイセンやミヤマツツジが咲き始めるなどしています。桜の蕾も膨らみ始め、春らしさが日に日に強まっています!

 

今日からスタート

日中は気温が上がり、暖かい日が続いています。ただ、冷たい風が吹くので、体感温度的には冬らしいですね…(^^;)

 

また、朝晩の冷え込みも厳しいです。霜が降りる日もあり、植物の生長にも多少影響するのでは?と思います。

 

日に日に春らしさが増していることで、お茶の芽も目に見えて膨らんできたのが分かるようになりました。もうすぐ芽吹くことになりそうなのです(^^)/

しかし、芽が膨らんでくると霜の影響を受け、生長のスピードが遅くなったりすることがあります。そこで、霜からお茶の芽を守るために、本日から防霜ファンを稼働させることとなりました。

 

防霜ファン』というのは、茶畑に設置されている大きな扇風機のことです。

高い位置の空気は、地面付近よりも暖かいためその空気を吹き降ろしたり、空気に流れを発生させることで、霜からお茶の芽を守ります!

 

ちなみに霜は、気温が氷点下近くまで下がると発生しやすくなります。そこで、一定の気温を下回った場合に限り稼働するように、設定されているのです。

 

 

夕焼けと茶畑

今日も1日を通して良い天気でした。

風は冷たく寒いですが、防風対策をしていくとポカポカと気持ちが良いです。お昼ご飯を食べた後はどうしても眠くなってしまいますね…(^^;)

 

今日は、夕焼けがキレイな日でもありました。

季節の移り変わりの時期なので、天気が不安定になることもありますが、明日も天気になると良いな!と思います。