日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶の芽の生長状況(3月中旬)

こんばんは。

気が付けば3月も今日で15日…。折り返し地点ですね(^^;)

 

最近は時間が過ぎてしまうのが、本当に早く感じます!卒業式シーズンということで、新生活へと移り変わっていく時期真っ只中ですが、桜の開花などはこの頃の冷え込みの影響で少し遅れそうです…。

 

川根町家山地区は静岡県内でも有数の桜の名所ですが、今現在の桜の状態は…「完全な」です。ここ1週間ほどの間、朝晩の冷え込みが厳しく、冷たい風が強く吹き付けています。その影響は多少あるかもしれません…。

 

見頃となるのは3月の月末から4月の頭にかけてになるのではないか?と思います。

土日で言えば、3月23日・24日は咲き始めに…。4月の6日・7日辺りでは散り始め、あるいは多くの花が散ってしまっているかもしれません。

 

ベストな日程は3月30日・31日になるのではないかな?と思います。

 

 

桜はもう間もなく開花する時期になりますが、お茶の芽もまけていません。

気温が暖かくなるにつれて膨らんだ芽は、もう数日の間に『萌芽』すると思います(^^)/

 

 

生長状態

先日撮影したお茶の芽の状態はこちら!

ふっくらとしています。来週中には萌芽しそうです(^^♪

ちなみに一番茶(新茶)の芽は、古い濃い緑色の葉っぱや枝・根に、昨年の夏から今年の春にかけて蓄えられた養分と、根っこが吸収した土の養分によって生長していきます。今はまさに、この芽に栄養分が注ぎ込まれているタイミング!

 

そのため、1年で1番栄養分が含まれているのが一番茶(新茶)になります。

 

 

遅霜予報始まりました!

冷やし中華始めました”的な感じですが、この『遅霜予報』はお茶農家にとってはとても気になる情報です。

 

「霜」という文字が含まれている通り「霜が降りるかどうか」を予報するものですが、なぜお茶農家がこの予報を気にするのか?

 

その理由は「お茶の芽は霜に弱い」という特徴があるからです。

霜の影響を防ぐために『防霜ファン(茶畑にある大きな扇風機)』を動かし、霜からお茶の芽を守っているのですが、霜が降りるかどうかは毎晩気になります。

 

特に芽が大きくなっていくこれからの時期、そして収穫直前のタイミングでは、あまりにも酷い霜が降りてしまうと、収穫量が減ってしまうなどの影響があります。(防霜ファンがない時代では、とても恐れられていた気象災害でした)

 

静岡県は、茶畑の面積が日本一で、茶の生産者やその関係者がたくさんいます。

そこで、そのような人たちを対象に、静岡気象台では「遅霜」を日本で唯一予報しているのです!

 

NHKの地方天気予報(19時前の)で目にする機会が多いです。