日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ニンニクの生長状況

こんばんは!

今日は久しぶりにお昼過ぎから雨が降りました…。「雨が降った」と言っても、土が十分に湿るほどの雨とはならず、わずかに地面を濡らした程度の小雨でした(^^;)

 

最近は天気は晴れ続き。乾燥も激しいため、土も乾きつつあります。そのため、まとまった雨が降って欲しい所です(>_<)

 

 

お茶の管理は、3月上旬から春の肥料まき(2回目)と苗木の植え付け、病気の予防を行ってきましたが、ここ数日は少し落ち着いた日々を送っています。

 

今月に行う予定の作業は『芽出し肥』という肥料を施すのみです。20日以降に行う予定なので、家庭菜園で育てている、これから育てていく野菜の手入れや準備を、最近は行っています。

 

 

ニンニクの様子

昨年の秋に植え付けを行ったニンニク。

冬の間は成長のスピードがゆっくりで、茎の太さは約1cmほど…。葉っぱの枚数は少なく、大きさも小さめでした。

 

しかし、気温が暖かくなると一気に変化が…。

茎の太さは直径2cm以上になりました。

葉っぱも濃い緑色で、枚数も多く、シャキッとした姿になっています。

 

冬の間の姿と比べると、一目瞭然です。春の姿の方が健康的に見えますね…(^^)/

枯れてしまった葉や地面についている葉は、病気に感染する原因になるのでハサミで切り、取り除きました。

 

 

ニンニクは「肥料食い」とも言われるほど、肥料や栄養分を吸収します。そのため、今後は、追肥などを積極的に行っていこうかな、と思っています。