日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

芽が伸びる時期に施す肥料『芽出し肥』について

3月下旬に行う予定の肥料まき…。

今までは春にまく肥料ということで『春肥(はるひ・はるごえ)』と言われる肥料を、2回施してきました(^^)/

 

そして今回は『芽出し肥(めだしごえ・めだしひ)』と言われる肥料をまいていきます!

どのような肥料なのか?その役割や『芽出し肥』の特徴について、投稿していきたいと思います。

 

 

化成肥料が主体

今回まいていく『芽出し肥』は、今までの肥料が有機質メインであったのに対して、化成肥料がメインとなります。

 

なぜ、化成肥料がメインとなるのか?

その理由は、ちょうど今からの時期に、お茶の芽が伸びていくことに関わっています!

 

 

お茶の樹は、昨年の秋までに作ったり吸収した栄養分を葉っぱや枝、根っこに蓄えています。その蓄えている栄養分を、春になると新芽に送り込み、芽を生長させていくのですが、栄養分をたくさん使うため樹には負担がかかります

 

新芽に栄養分を送り込む…ということは、収穫後の樹は疲弊してしまっています(>_<)

そのような状態は、樹にとっては辛いです…。

 

人間でも同じですね。激しい運動をした後には、ストレッチをしたり水分補給などをしますし、出産時には”産後ケア”も大切になります。

 

また、樹の中に蓄えた栄養分だけでなく、土の中に含まれている栄養も吸収して、芽の生長に使用していきます。

 

そこで、お茶の樹が新芽を伸ばしやすくするために、土に栄養を補給する目的収穫後のお茶の樹のケアのために、すぐに効果が表れる化成肥料を使用するのです!

 

 

お茶の樹の新芽を収穫するだけして、樹には負担をかけっぱなしにする…。搾取するような育て方では、お茶の樹は健康に育ってくれない…という考えのもと、樹に負担のかかる新芽が伸びたりする時期には、効果が早く表れる化成肥料を使用しているのです。

 

また、有機質肥料だけでは不足してしまう”微量要素”と言われる、栄養分を補給する目的もあります。

 

 

化成肥料・化学肥料の特徴(有機質肥料との比較)

化成肥料は、有機質肥料と比べて「効果が早く表れる」「重さ当たりの肥料分が多い」という特徴があります。

 

まず「効果が早く表れる」という特徴を説明します。

有機質肥料は微生物に肥料が分解されて、植物が吸収できる形に変化するのに対して、化成肥料は元から植物が吸収できる形になっているため、有機質肥料のように分解する時間は必要ありません。そのため、早く効果が出るのです!

 

ちなみに、有機質肥料でも化成肥料・化学肥料でも、植物が吸収する形は同じです。

 

 

重さ当たりの肥料分が多い」という特徴は文字通り、まいた肥料の中にどれだけの肥料分が含まれているのか、ということになります。では、詳しく説明していきます。

 

例えば、肥料成分の1つ「窒素」を10kg欲しがる野菜があったとします。

有機質肥料の中には、窒素成分が10%含まれているとした場合、100kgもの有機質肥料をまく必要があります。

 

対して、化成肥料・化学肥料には窒素成分が20%含まれているとします。その場合、まく肥料は50kgになります。

有機質肥料と比べて化成肥料・化学肥料は『半分の量で足りる!』ということになるのです。

 

肥料の種類によっても違いますが、窒素成分に注目した場合、有機質肥料はほとんどの物で10%以下しか含まれていないのに対して、化成肥料では多いものでは30%、40%ほど含まれている物もあります。

 

そのため「重さ当たりの肥料分が多い」と言えるのです。

 

 

多くてもダメ、少なくてもダメ

このような特徴をもつ化成肥料であるからこそ、適切に使用するには知識と計画が重要となります。

 

大量に使用してしまえば、植物にとっては逆にダメージとなります。環境や土にも良いとは言えません(-_-;)

 

逆に少なくても、植物が疲弊してしまったり、栄養不足となることがあります。

 

そのため、必要な時期に必要な量を施すことが大切です(^^)/

これは、有機質肥料でも共通して言える事でもありますが、化成肥料の場合は特に気を付けています!

 

実際に畑に肥料をまいていく時には、このような物を作ってから行います。

畑の面積を正確に測り(測量を行います)その畑にまく肥料の量を決めて行きます。(数字は、20kg入った肥料の袋を何個まいていくかを示しています。例えば「2.5」は2袋と半分、ということになります)

 

 

芽出し肥』は早速、明日から少しずつまいていきます。

一番茶(新茶)の収穫前にまく最後の肥料…。一番茶だけでなく、その後のお茶の樹にも影響が大きい肥料なので、しっかりと行っていきたいと思います!