日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

快適にお茶を作るために…

お茶の栽培は、軽トラックなどの車両や機械が必要不可欠です!

 

特に、軽トラックは収穫したお茶の葉を運んだり、摘採機やナラシ機などの機械、茶畑にまく肥料を運んだりするため、無くてはなりません(>_<)

 

ただ、車を使用する…ということは、車を停めるスペースや走る道が必要です。

茶畑の中には限られた道しかありませんし、整備されている農道は幅も狭いため、車を停める場所は限られています!

 

車を停める場所から、離れた場所へ肥料をまきに行ったり、収穫した葉を車まで運ぶのは、決して快適とは言えません(-_-;)

 

また、収穫したお茶の葉はなるべく早く、畑から工場へ運ぶ必要があります。

特に気温が高い2番茶の時期(6月)は、収穫した葉を長時間畑に置いてしまうと、品質が急激に低下してしまいます…。

 

なるべく早く収穫した葉を回収し工場へ運んだり、快適に作業を進めるためには、適した場所に道や駐車スペースがあると便利です。

 

そこで最近は、茶畑に車を停めるスペースを作りました!!

 

農道に面した場所に、車一台分の幅で数メートル分のお茶の樹を抜いて、土を均します。

しかし土の状態では、車がスタックしてしまう場合があります。硬く締まった土であれば問題ありませんが、ここは畑のため土が柔らかいです。

 

また、近年増加している集中豪雨…。短時間でたくさんの雨が降ると、表面の土が流れてしまうこともあるので、対策が必要です(>_<)

 

 

そこでまず砂利を敷いていきます。

砂利を敷くと、一気に道らしい感じがしてきます…。

 

今回はこの砂利を広げる作業をしたのですが、これだけではまだ不十分。車を走らせたり、停めたりすると、スタックして抜け出せなくなる可能性が高いままです。(ランクルパジェロなどであれば、問題ないと思いますが…)

 

今後、砂利を硬く締めたり、セメントを混ぜて固めるなどして、サクサクの砂利をカチカチにしなければなりません!

 

たった数メートルほどのスペースですが、これが完成することで、作業の快適性がガラッと一変します(^^♪