日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

植え付けから5年が経つと…

おはようございます。

今週は長野へ旅行へ出掛けていました。肥料まきなどの作業もひと段落。一番茶(新茶)の収穫は、3~4週間ほど先の事になるので、リフレッシュ旅行といった感じです(^^♪

 

同じ3月下旬でも長野県北部は雪が大量に…。

一方川根町家山地区では桜が見頃に…。それほど遠く離れていないのに、太平洋側と日本海側で気象が違うことに、改めて驚きました!

 

3日間の行程で行ってきましたが、川根へ帰ってくると桜が満開の状態に…。気温も高かったのか、この3日間の間に、より一層季節が進んでいました(^^)/

 

お茶の芽も少しずつ大きくなっていることと思います。

 

 

苗を植えてから5年過ぎると…

今月の上旬に行ったお茶の苗の植え付け。

植え付け直後は、簡単に抜けてしまいそうなほど小さな樹です。

しかし、この状態から茶畑はつくられていきます!

数年かけて徐々に樹は大きくなり、たくさん見えている地面は、お茶の樹に覆われ隠れていくのです。

 

ちなみに、おかのや農園には5年前に植え付けを行った畑があります。

その畑の現在の様子がこちら↓

植え付け直後の写真と比べると、だいぶ大きく生長していることが分かると思います。地面もお茶の樹に覆われ、それほど見えなくなっています。

 

しかし、お茶の樹のふち(すそ部分)は、まだボサボサの状態です。そのため、まだ大きく生長させていきます。

 

 

お茶の樹は植え付けから5年が経つと、大人の樹と同じように肥料をあげたり、収穫を行っていきます。

 

ただ、大人と同じように手入れを行うから…と言っても、茶葉の収穫量は少ないですし、ガッチリとした枝も育っていません…。

 

樹の大きさだけは、7~8年ほどで大人の茶の樹と同じ大きさになりますが、安定的に収穫ができるまでは10年ほど時間がかかります。

 

時間はかかりますが、香りの良いお茶が収穫できるように、遠い未来を見据えてお茶の樹を育てていくのです!