日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

『上河内茶』の歴史について いつからお茶を作り始めたのか?

こんばんは!

元号が発表されてからしばらく経ちましたが、時間が過ぎるにつれ、段々と馴染んできた感じがする中での投稿です(^^♪

 

令和』という新元号。初めて聞いた時は、あまりパッとしませんでしたが、テレビなどの解説なども聞いていると、良いなぁ~と思うようになりました。

 

令和』という時代が、平和な世の中になることを、人々が幸せに暮らせる世の中になると良いな、と心から思います(^^)/

 

そして同時に残り1カ月となった『平成』

最後まで平和な年であるようにと願うのみです!

 

 

今日は新元号の発表日!ということにちなんで、今回は『上河内茶』の、上河内地区でのお茶の歴史と、おかのや農園の歴史について投稿したいと思います。

 

 

年貢として…

上河内地区でのお茶の歴史(上河内茶の歴史)は、最も古い物で年貢として納められていた記録があるそうです!

 

その古文書を実際に見たことはないのですが…

1547年天文16年)には納められていたようです(^^;)

(「島田市観光協会 島田市のお茶」から参照)

 

平成から遡って何年前なのか…?

ちょっと、片手では数えられそうにありません。

 

また、この時代はまだ室町時代に当たります。

静岡県の武将と言えば「徳川家康公」の名が挙げられることが多いですが、家康が駿河を治める前のこと、今川義元が治めていた時代です!

 

まだ桶狭間の戦い(1560年)も起きていません!

 

 

それほど昔から作られてきたのか?

実際にその時代で目にしたわけでは無いので、「絶対にそうだ!」とは言えないかもしれません。しかし、昔から作られてきたのは確かだと、私は思っています(-_-)

 

 

おかのや農園はいつから…?

上河内茶の歴史。上河内地区でのお茶は、仮に1547年に始まったとします。

 

では、おかのや農園ではいつからお茶を作り始めたのか…?

それは正確には分かりません(-_-;)

 

もしかしたら、”年貢としてお茶を納めていた当時”から作っていたのかもしれませんし、江戸後期になってからのことなのかもしれません…。

 

 

ただ、1864年元治元年)には、確実にお茶を作っていました!

平成から遡ると「平成」→「昭和」→「大正」→「明治」→「慶応」→「元治」

6つ前の年号になります。

 

どのようなお茶が作られていたのか?それらを知ることはできませんが、予想するとワクワクします(^^♪

 

まだ、この時代には機械化は進んでいないため、もちろん手で揉んでいたと思います。また、「やぶきた」という品種も生まれていないですし、お茶畑も今とは全く異なっていたことでしょう!

 

 

そして昭和13年には機械化が行われたのか…。

今では物置と使用している壁の一部には、「岡埜谷製茶工場 昭和十三年春新築」と文字があります。

ちなみに今現在では、機械などは一切残っていません!

ほのかに面影を残すのみです。

 

 

この時代(昭和13年)は、私にとってはまさに教科書の中に書かれている時代です。

 

日中戦争がはじまった次の年であり、東京オリンピック(第12回大会)や万国博覧会が中止になった年です。太平洋戦争もまだ開戦していません。

 

 

いつまでもお茶が作れる世であるように!

お茶はカロリーがある作物ではありません!

人が生きていく上で絶対に必要な物」ではないのです。

 

でも、お茶には気分を安らげたりする効果などがあったり、リラックスできるひと時、家族やお客さんなど人と関わる時間と共にある物になります。

 

たしかに、生きていく上では絶対に必要では無いかもしれませんが、『情緒面を豊かにする飲み物』であると私は思っています。

 

そのため、暮らしていく上では必要な物になるのでは…?ないでしょうか。

 

 

また、お茶にはカロリーが全くと言っていいほどありません!

もし食糧危機が訪れたら、もし戦争や鎖国状態になったら…(-_-;)

 

お茶を作るのを止めて、カロリーのある農産物(イモ類や穀物類)を、作らなければならない状況になるかもしれません…。

 

お茶を作れる世の中であること。お茶を楽しむことが出来る世の中であること…。

これらに感謝をするとともに、『令和』そして次の時代、次の次の遠い未来まで、お茶を楽しめ、お茶を作れる世が続いてほしいものですm(_ _)m