日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

山桜と茶畑の風景

まさに桜の見ごろを迎えている川根町”家山”地区

 

開花からしばらくの間、気温が低い日や朝晩の冷え込みが厳しい日が続いているため、見頃となるまでには時間がかかりました…。

 

そして今週も、中頃までは冷え込みが厳しい…。また、激しい雨も降らないため、散り始めるかもしれませんが、土日でも桜が楽しめそうです(^^)/

 

 

ただ、今週は風が強い日が続いているため、風への対策、花粉への対策はした方がいいかもしれません!

お越しになる際は、歩いている歩行者や車にはお気をつけて下さいm(_ _)m

 

 

そして同じく川根町、上河内茶を作っている「上河内地区」では、ようやく五分咲き程度まで桜が咲いています。

 

家山地区よりも100m以上標高が高く、より山に囲まれているため日照時間も短いです。昼夜の寒暖差も大きいため、同じ川根町ですが、桜の開花もお茶の芽の生長も遅くなります。

 

そんな上河内地区でも、現在満開となっている桜があります。

 

 

山桜のある景色

桜の樹は「接ぎ木」や「挿し木」という方法で増やすのが一般的です。種で増やした桜の樹は、親とは違う特徴を持つことがあります。

 

例えば、葉っぱの色形や花びらの色、開花の時期も異なります。

 

そのため、隣り合っている山桜でも、開花の時期が微妙に違うことがあるのです!

一斉に開花した景色は楽しめませんが、山の所々が白色やピンクになるのを、長い期間に亘って楽しめます(^^♪

茶畑の所々に残っている林には桜の樹も…

桜の開花と茶畑の景観が楽しめるのは今だけですね(^^)/

 

 

あと1か月ほどでこの景色は、新緑の溢れる景色へと変化していきます。

 

この頃の冷え込み…新年度寒波の影響で、生長スピードがちょっと緩やかになっていますが、寒波が抜けたら一層大きくなると思います!