日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

「新茶」ってどんなお茶? お茶の収穫回数と新茶について

こんにちは!

今日は朝から快晴!気温も暖かく、穏やかな風が吹いています(^^♪

 

まさに「春!!」といったようなお天気で、実に気持ちが良い…ウトウトとしてしまいそうな陽気です!

 

天気もよく、桜の見ごろの時期でもあるので、昨日・今日とでお花見をした方、あるいはしている方も多いのではないでしょうか…。静岡県でも、昨日ようやく満開の発表がありました!

 

新茶前線

桜前線も徐々に東北地方へと北上しているこの頃、南の方からは「新茶前線」が北上しつつあります(^^)/

 

日本で作られるお茶(新茶シーズン)は、

沖縄→鹿児島を代表とする九州→四国や紀伊半島静岡県南部→静岡県北部、宇治、狭山→日本海側の地域や東北へと、桜前線と同じように南から北上していきます。(畑・地域の環境にもよりますが…)

 

4月になると、すでに沖縄県では新茶は収穫し終えているでしょう!

これからは鹿児島県などで、新茶が出回っていく時期になると思います。

 

5月になると、お茶屋さんなどには『新茶』と書かれた、のぼりやポスターが目につくようになってきますね(^^;)

 

今回は、『新茶』とはどのようなお茶なのか?

本格的な新茶シーズンに突入する前に、お茶の収穫回数などから、しっかりと解説していきたいと思います。

 

 

お茶の収穫サイクル

まず『新茶』を説明するために、お茶の収穫回数について説明していきます。

 

お茶の樹からは年に数回、お茶の葉っぱや芽を収穫していきます。

お米や果樹のように、年に一回だけしか収穫できない…という訳ではありません。

 

収穫のサイクルを表したのがこちら↓

緑色の「一番茶」や「二番茶」と書かれている文字が、収穫のタイミングです。(収穫の回数は、産地や栽培方法によっても違います。この図はあくまでも一例です

 

春になるとまず収穫するのが『一番茶』(いちばんちゃ、と言います)

その後に収穫するのが、『二番茶』となり、『三番茶』や『四番茶』と続いていきます。

 

四番茶」を収穫できるのは温暖な気温であることが条件なので、鹿児島県など地域が限られますし、『二番茶』の後に『三番茶』を収穫しない地域や、栽培方法もあります。

 

※おかのや農園、そして上河内地区では、収穫は「二番茶」までしか行っていません。三番茶として収穫できる芽は、そのまま生長させています。

 

 

そして、冬に入る前に一度お茶の樹を刈り、表面をキレイにならすのですが、この時に収穫して製造したお茶のことを『秋冬番茶(しゅうとうばんちゃ)』と言います。

 

※『秋冬番茶』も栽培方法や経営によって、作ったり作らなかったりします。作る場合は、葉をきちんと収穫しますが、作らない場合は、お茶の樹と樹の間に葉っぱを落として、土づくりなどに利用します。

 

 

新茶=一番茶

では、『新茶』について説明していきたいと思います。

 

一言で説明すると

新茶』とは、『一番茶』のことになります!

 

『新茶=一番茶』であり、何か特別なお茶…という訳ではありません。

 

その地域で、その年に一番最初に収穫して作ったお茶。一回目の収穫シーズンのお茶のことを『新茶』というのです。

 

 

そのため、地域によって『新茶』が作られる時期は当然異なります!

沖縄県のような一年を通して暖かい地域では、3月には作られますし、寒さの厳しい日本海側の地域などでは5月になってから、という地域ももちろんあります。

 

静岡県でも、牧之原や御前崎のような、海に近い地域では4月の下旬頃にお茶の収穫が始まることもありますし、川根のような山間部では、5月になってから…。同じ県内でも差があるのです(^^;)

 

 

そのため「何月に作られたお茶」というように、特定の時期があるわけではありません。

日本各地にあるお茶の産地、環境や土地柄も様々なので、新茶(一番茶)が作られる時期も様々なのです!

 

ちなみに『二番茶』や『三番茶』は、当然『新茶』として販売することはできません!

 

 

新茶のススメ

新茶は長い冬を耐えて、春になって芽を伸ばした葉から作られます。

そのため、『二番茶』などと比べると、うま味が強かったり、香りが良いなどの特徴があります。

 

夏から秋、そして冬にかけて蓄えた栄養分…。この栄養分がたっぷり詰まっているのが新茶なので、他の時期のお茶と比べても、うま味成分が強かったりするのです。

(二番茶などが、決して不味い訳ではありません。他の時期のお茶にも、それぞれ魅力があります)

 

 

また、地域の違い(テロワール)が表れやすいのも『新茶であると思っています。

気温が低かったり、昼夜の寒暖差が大きい地域では、じっくり育ったお茶が新茶になります。逆に温暖な地域では、スクスクと育ったお茶が新茶となるので、同じお茶の芽でも地域によって個性がでます(^^)/

 

 

本格的な新茶シーズンはもう間もなく到来…。

今からドキドキ・ワクワクが、止まりません(^^;)