日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

黄緑色の茶畑へ…お茶の芽の生長について

こんばんは!

未明から降り続いた冷たい雨は、夕方には弱まりました。

 

県内でも富士山に近い地域などで雪になり、ニュースを見ても雪や寒さの情報が伝えられていた1日でしたね…。

 

新生活が始まり、ちょっと疲れも出てくるこの季節…。ここまで寒暖差が大きいと、体調を崩してしまいそうです(>_<)

 

 

お茶にとっては恵みの雨に…

ここ数日は晴天続きで、平年と比べると雨が降る日が少なかったです。

 

日によっては季節外れの暖かさになったり、空気が乾燥していたりして、そろそろ土が十分に湿る雨が降って欲しいところでした…。

 

朝から断続的に、たっぷりと降ったので、お茶の樹は喜んでいると思います(^^)/

 

新芽を伸ばす時期には、ある程度の雨が降る必要があります

土の中の栄養分を吸収するのにも水が必要ですし、「新芽を伸ばす=体を大きくする」ことなので、この時期に水を欲するのです。

 

冬の間は休眠状態なので、あまり水を必要としません。

そのため、ある程度なら少雨や乾燥に耐えられますが、春から秋にかけてはそうも言ってられません!

 

光合成をする時、新芽を伸ばす時、葉っぱが呼吸をする時…。

様々な場面で水が必要になるので、春から秋(生育期)には、適宜雨が降って欲しいのです。

 

 

「おおいわせ」の畑の変化

昨日の時点では、お茶の芽は少し大きくなっているものの、まだ茶畑が黄緑色に見えるほどではありませんでした。

 

今回の雨のように、雨が降った後気温が上がると、グッとお茶の芽は大きくなります。

ただ、今後の天候を見ると、平年並みか平年以下の気温になる予報なので、ジワリジワリと大きくなっていくと思います。

 

そんな中でも、茶畑がほのかに黄緑色に見え始めたのが「おおいわせ」という品種の畑です。

「おおいわせ」に関しての説明はこちらから「おおいわせ」の生長状態と使い方

 

約10日ほど前の状態がこちら↓

何となく、黄緑色に見える部分があるような…ないような…

はっきりとは分からないですね…(^^;)

 

そのような状態でしたが、昨日の時点ではこのようになっていました↓

約10日前と比べると、少しですが黄緑色の部分がハッキリしてきたと思います。

 

お茶ではないですが、奥に見える桜の樹は、この10日間で満開になりました!

 

 

今後の生長は…?

教科書的な、お茶の芽の生長の進み方について説明したいと思います。

 

まずお茶の芽は春になると萌芽します。

この状態になったら、本格的な生長スタート!!

萌芽してから約10日で1枚葉っぱが開き、その後は5日で1枚葉っぱが開いていくとされています。

 

ただし、これはあくまでも教科書的な情報です。実際は、このように生長していくことは、ほとんどありません!

気温が低い日が続けば、葉っぱが開くのには時間がかかります。逆に、暖かな日が続けば、より早く生長します。

 

お茶の芽の生長は、特に気温に左右されるので、なかなか教科書的には生長しないのです

 

 

特に昼夜の寒暖差の大きい上河内地区では、お茶の芽が生長するのに時間がかかります。

 

今年は、萌芽してから1枚葉っぱが開くまでに、すでに2週間以上の日数が経過しています。ちなみに、まだ1枚も葉っぱは開いていないので、現在も継続中です(生長・萌芽の早い「おおいわせ」を除きます)

 

そして、その後の生長に関しても、平年の様子で言えば1週間で1枚葉っぱが開くかどうか…。じっくりと生長をします。

 

 

ちなみに、はっきりと茶畑が黄緑色に見えるようになるのは、葉っぱが2枚ほど開いたころから…。

さらにこのような状態になるには、3週間以上の時間がかかると思います。

 

ジワリジワリと生長中のお茶の芽…。

あまり変化がないのに、毎日気になってしまいます(^^;)