日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

山の斜面の『茶』という文字って?

おはようございます。

今朝は昨日降った雨の影響もあって、濃い霧が発生しました。霧に包まれた茶畑は、まさに幻想的な光景です(^^)/

 

『霧』は幻想的な景色を楽しめるだけではなく、良いお茶が育つ条件にもなります。

昨日の雨を受けて、順調に芽が育って行って欲しい所です!

 

 

茶文字の正体へ…

山の斜面に書かれている『』という大きな文字を見たことはありませんか?

島田市の茶の都ミュージアム付近から、スマホで撮影しました)

 

島田市のJR島田駅蓬莱橋付近、牧之原台地掛川市など、これらの地域に訪れたことがある方、あるいは通ったことがある方は、見たことがあるかもしれませんね…。

 

広い範囲で、遠くからでも見ることが出来る『』という文字。

今回は、掛川市にある『粟ヶ岳(あわがたけ)』という山の斜面に書かれた、『』という文字について投稿します。

 

 

130m四方

遠くからでもはっきりと見ることが出来る茶文字。

カメラで撮影すると、ちょっぴり小さめに見えてしまいますが、肉眼で見るとスケールの大きさにびっくりすると思います(^^;)

 

茶文字が書かれているのは、掛川市にある粟ヶ岳(標高532m)の斜面に書かれています。大きさは縦横130m。学校のグラウンドよりも大きいサイズです(゚д゚)!

 

それほどの大きさがあるので、遠く離れていてもはっきりと『』という文字が分かるのです。

 

 

お茶じゃなくてヒノキなんです!

』という大きな文字。

やっぱりお茶の樹か何かで書かれているのかなぁ…?と思っていたのですが、実はあの茶文字は『ヒノキ』によって書かれているのです(^^)/

 

『ヒノキ』というと、スギと似ている針葉樹の一種…。背も高くなります。ヒノキ風呂など、水に強い木材となる木で良い香りがしますね!

 

そんな『ヒノキ』によって茶文字はつくられています。

遠くから見ると一体感がありますが、実は近くで見ると『ヒノキ』が何本も並んでいます。『茶』という文字を描くように植えられているのです。

 

今では大きく育ったヒノキ。冬になっても葉っぱは緑色のままなので、遠くからでも1年中『』という文字を見ることが出来るのです。

 

 

ちなみに、ヒノキによる茶文字は実は2代目なんです…。

1代目はヒノキではなく『マツ』でした。しかし、”松くい虫”などの被害にあってしまい、ヒノキへと代替わりをしたそうです。

 

東山地区

茶文字以外の部分は草が生えています。掛川市の東山地区の住民の皆さんによって、草刈りが行われたり、管理がされています。地域住民の方の力によって、茶文字の光景は守られているのです。

 

また、茶文字の始まりも、東山地区の方が木を植えたことによって始まっています。

 

 

ちなみに掛川市の東山地区は、静岡県の世界農業遺産『茶草場農法』の聖地です(^^;)

刈り取られた草なども、お茶づくりに使用されているのでしょうか…。

 

 

茶畑越しに見る茶文字

掛川の茶畑や牧之原台地の茶畑は、これからお茶の芽がぐんぐん伸びてきます。

 

黄緑色の新芽が一面伸びている茶畑と『』文字は、まさにお茶の産地!といった光景になりますね(^^♪