日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

タマネギ、ニンニク、ソラマメの生長状況

おはようございます!

今日もこの時期らしい心地よい朝となりました。

 

ただ、寒暖差が大きいため、日が昇るまでは暖房が欠かせません(>_<)

今月いっぱいは、暖房を片付けることができそうにないです…。

 

 

4月の上旬頃までは、季節外れの寒気の影響だったのか寒い日が続いていました。

春らしい暖かな気温となったのは今週から…。一気に季節が進んでいるような気がします。

 

昨年の秋から栽培を続けている「タマネギ」「ニンニク」「ソラマメ」も、ずいぶんと大きくなりました!

今回は、この野菜たちの写真を投稿したいと思います。

 

 

タマネギの生長状況

種から育てている「タマネギ

種をまいて育てた苗(鉛筆ほどの太さ)を、一度掘り起こし植え付け…。

最初は、葉ねぎにも満たない太さ大きさでした。

 

その後、大きさの変化があまり見られませんが、一冬超えてきた姿がこちら↓

目立った変化はありません。

僅かに葉っぱの枚数が増え、少し太くなったくらいでしょうか…。

 

そして、今現在は…

冬越しした時点での姿とは、似ても似つかない状態へ…。

気温が上がるとともに、グングン大きくなりました(^^;)

 

葉っぱの長さは長いもので40cmほど、太さはペンタイプの修正液、あるいは3色~5色のボールペンほどとなっています。

 

確実に大きくはなっていますが、まだ「玉」となる部分ははっきりしていません!

これから、徐々に膨らんでいくのだと思います。

 

 

ちなみに、4月の上旬に追肥(肥料まき)を行いました。

化成肥料を1㎡当たり一握り…。パラパラと上からまく形で、追肥しました。

 

 

ニンニクの生長状況

ニンニクは初めて挑戦する野菜…。

手探り状態での栽培を続けています。

 

そんなニンニクの今現在の姿がこちら↓

だいぶ太く育っています。

例えるなら、書道の時に使う「筆」以上の太さです。

 

シャッキとした葉も10枚ほど伸びています。

 

ニンニクの少し前の姿はこんな感じでした。

葉っぱの枚数も5~6枚ほど、太さは3色ボールペンほどでした。

 

ニンニクもタマネギと同じく、気温が上がるにつれて太く大きく育っています。

 

 

今まで行ったニンニクへの手入れですが、2回追肥を行いました。使用した肥料は「尿素」という物です。

 

尿素は「窒素肥料」分がたっぷりと含まれている化学肥料。安くて、早く効果が出て、使いやすい肥料です(^^)/

 

肥料食い”とも言われるほど、ニンニクは肥料を吸収するので、肥料分(窒素成分)に富んだ「尿素」を使用してみました。

 

 

今後は、ニンニクの玉の部分が出来てくると思うのですが、どのように育っていくのか…楽しみです!

 

 

ソラマメの生長状況

度々投稿しているソラマメの様子…。

 

今現在も花は続々と咲いていますし、ソラマメの赤ちゃんも誕生し続けています。

 

まだ収穫できるようなサイズには育っていませんが、一回り大きく、そして数も増えつつあります(^^♪

『ソラマメ』と名がつくのは、この実の付き方から…。

花が枯れて誕生したソラマメの赤ちゃんは、空の方を向いて(上を向いて)生長していきます。

 

普通の野菜や他の豆類だと、実は下を向いている物がほどんとですね…。

 

 

ちなみに、太く大きく生長したソラマメは、「収穫適期になると下を向くようになる」と言われています。

 

まだ、収穫には程遠い状態ですが、今後も生長過程を投稿していきたいと思います。