日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

カボチャの苗づくり実施中

ホームセンターでは、多くの夏野菜の苗が販売されるようになりました!

夏野菜の菜園シーズンに本格的に突入ですね。

 

私自身の、今年の夏の家庭菜園のテーマとして選んだのが「ポップコーン」と「カボチャ」

 

「ポップコーン」は、種を畑に直まき(土に直接種を蒔くこと)するので、苗づくりは行いません。

しかし「カボチャ」は、一旦苗をつくってから植えることにしました(^^)/

 

現在は、カボチャの苗をつくっている最中です。

 

 

ブラックのジョー

一口に「カボチャ」と言っても、様々な品種があります。

皮が黄色いハロウィンに使用するようなカボチャもあれば、手のひらサイズの小さなカボチャ、味もしっとり系あるいはホクホク系、甘味が強いものなど、実に様々です。

 

同じような見た目でも、品種によって特徴は全く違います!

それが面白く、同時に選ぶのに悩んでしまう原因となりますが…(^^;)

 

数ある品種の中で、今回栽培に挑戦する品種は「ブラックのジョー

サカタのタネ”から販売されている『栗カボチャ』と言われる甘味が強くてホクホクとした品種のカボチャです!

 

家庭菜園で育てるので、購入したのは種が数粒入った袋1つ。

値段は、432円でした。

 

 

苗づくり

「カボチャ」を種から育てる場合、その方法は大きく2つに分けることが出来ます。

 

1つは「直播き

これは、育てる畑に直接”種”を蒔く方法です。

 

畑に直接種を蒔くので、確実に芽が出る保証はありませんし、鳥などに種を食べられてしまうリスクもあります。

 

ただし、植え替えの必要がないため、根っこには優しい育て方です(^^♪

 

 

もう1つの方法は「育苗(いくびょう)」

こちらは、ポットなどに種を蒔き、苗として育ててから畑に植える方法です。

 

費用も手間もかかりますが、良い苗を育てることが出来れば、良いカボチャを収穫することが出来ます。

 

この2つの方法がありますが、今回は2つ目の「育苗」苗を育ててから、植え付けをする方法で育てることにしました(^^)/

 

 

葉っぱが顔を出し…

苗づくりを始めたのは3月の下旬から…。

 

現在は双葉が土の中から出てきた状態です。

ポットの大きさは、直径8cmほど、深さは10cmほどの大きさです。

ホームセンターで販売されている苗のポットと比べると、2~3倍の大きさがあります。

 

根っこをたくさん伸ばしたいと思い、大きなポットで育てることにしました!

 

 

使用している土は、赤玉土腐葉土を1:2で混ぜた、オリジナルの物…。種まき専用として販売されている土を使用しても良いですね(^^♪

 

種は1つのポットに一粒蒔き、人差し指の第一関節くらいまでの深さに埋めました。

 

 

種から芽が出てくるまでの時間は、気温に左右されます。

高ければ、芽が出てくるのが早くなりますが、寒いと時間がかかったり出てこなかったりも…(-_-)

 

私は3月下旬に種まきを行いましたが、種まきから1週間以上寒い日が続いたため、芽が顔を出すまで2週間以上の時間がかかりました(^^;)

 

しかし、じっくりと芽が出てきたため、ヒョロヒョロの弱い苗ではなく、ずんぐりむっくりとした強い芽が…。

葉っぱは、双葉しか開いていない状態ですが、根っこはすでにポットいっぱいに張っています!

 

少し時間がかかってしまいましたが、良い苗に育ってくれそうです(^^)/

 

 

ちなみに、購入した袋の中には8粒の種がありました。

袋の表示には「約6粒」入っているとの表記だったので、得した気分です(^^;)

 

そして、8粒蒔いた種のうち、芽を出したのは同じく8つ!

育った苗の中から、元気な苗を選んで植えることが出来そうです。