日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ポップコーンの種まき

こんばんは!

昨日は最高気温が27度ほど、今日は23度…。ちなみに、一昨日は24度と、夏日あるいは夏日手前まで気温が上がる日が続いています。

 

特に昨日は暑かったです(^^;)

虫刺されや擦り傷を防ぐために、長袖を着て作業をしていたのですが、気温と地面からの照り返しが相まって暑い…!

 

今後は、熱中症や脱水症状に気を付けなければならないと、強く思いました…。

 

 

気温が上がる日が続いていますが、同時に天候が”晴れ”という日も続いています。

ただ、天気は明日以降崩れる予報ですね…(-_-;)

 

連休はお出かけをする方も多いと思うので、天候は晴れて欲しいところですが、現在は二十四節気の1つ『穀雨(こくう)』

 

雨が多くなっていく季節でもあります…。

 

 

穀雨とは

穀雨とは”春”最後の節気。

この節気を境に、だんだんと雨が多くなっていく時期、とされています。

 

という文字が含まれているので「雨が多く降るのかな?」と思ったのですが、「穀雨」の時期だけ多く降る…という訳ではありません!

 

あくまでも、これからの季節となります(^^;)

 

今後、雨が多くなっていく…ということで、種まきに適した時期である、という捉え方もできます!

 

植物が育つには欠かせない水…。

特に、種を蒔き、根が張るまでは乾燥は大敵です。

 

そのため、種を蒔いたり苗を植えたり、作物を育て始める”区切り”となる日だと私は思っています。

 

 

穀雨を迎え、そして明日以降天気が崩れるということで、家庭菜園ではポップコーンの種まきを実施しました!

 

 

ポップコーンの種まき 「直まき」編

事前に肥料をまき、畝を作っておいたポップコーンの栽培予定地。

1つの畝に2列。2畝あるので、計4列蒔いていきます。

 

栽培する品種は「サカタのタネ」から販売されている『まるポップ』という品種です。

一袋に約65粒の種が入っていて、価格は432円でした。

 

 

種を蒔くにあたって、用意したのは”種”と”30cmほどの竹”です。

この竹はどのように使うのか?

それは、また後程説明していきます。

 

そして、気になるポップコーンの種ですが、袋の中の種たちはこのような感じでした↓

形はスーパーなどで販売されている、自分で爆ぜさせるポップコーンとほとんど同じ…。涙の形に近いような、丸くてかたい種です。

 

ちなみに、色が赤いのは「種子消毒」をしている証。

あくまでも、育てる種なので、食用ではありません!

間違って食べたりしないように、目立つ色を付けてあるのです(^^)/

 

※種子消毒

芽や根っこは出た直後に病気に感染すると、順調に育ちません。そこで種の状態で、病気などを予防するために、消毒を行います。

「種子消毒」を行った種は、赤色や青色に色が付けられ、袋にも「消毒済み」というような表記、使用した農薬の表示もあります!

 

 

では、この種を蒔いていきます。

種を蒔く際に使用するのが、30cmほどの竹です。

種と種の間隔を30cmほど開けるので、目安として使用します!

どのような物でもよいので、目安となる物を使用することで、等間隔に種を蒔くことが出来るのです(^^♪

 

 

蒔く方法は、1か所に1粒。人差し指で種を地面に押し込み、第一関節ほどの深さに種を埋めて行きます。

 

ちなみに、トウモロコシ類を直まきする時は、1か所につき2~3粒ほど蒔くのが一般的です。

出てきた芽の中から、良い物を一本だけ残す(間引き)という方法で、育てていきます。

 

ただ、今回その方法を取らなかったのは、種がもったいなかったから…(>_<)

たくさん育てたかったので、1か所に蒔く種の量を最低限にしました。

 

もちろん「1粒だけ蒔く」のには、リスクもあります…。

種は100%芽が出るわけではありませんし、虫や動物などに食べられてしまう事もあります。

 

そうなると、芽が出てこなかった部分は、ぽっかりとスペースが開いてしまいますね…(^^;)

3粒蒔けば、ほぼ間違いなく1つは芽が出てくるので、種がたっぷりある場合は2~3粒蒔く方が良いです!

 

ただし今回は、芽が出てこなかった場合のことを考えて、対策もしています。

 

 

種まき 『ポット』編

大半の種は直まきで使用してしまいました。

余った種は20粒ほど…。この種を使用して、芽が出てこなかった時の対策をしていきます。

 

用意したのは、穴がいくつも開いたトレー。

30cm弱四方に、16個の穴が開いています。

こちらに畑の土を入れて行きます。(直まきと同じ条件にするために、同じ畑の土を使用しました)

 

このトレーで一体何をするのか?というと、ポップコーンの苗を作ります!

芽が出てこなかった所や欠けてしまった所に、植えて補填するために、畑とは別に苗を作ることにしました(^^)/

 

 

土は目いっぱい入れて、種は直まきと同じく第一関節の深さに…。

 

その後はたっぷりと水をあげます。

畑への直まきは水は雨任せ…。

しかし、このようなポットで苗を作る場合は、水やりは必要です。

 

土の量が少ないと、土が乾燥しやすい状態となります。

雨が降れば問題ありませんが、1日を通して晴れた場合は、土が湿った状態になるように水やりをしてあげるのです!

 

 

ポップコーン栽培の注意点

ポップコーンを栽培する際の注意点として、

スイートコーン『ポップコーン』の花粉が付かないようにする必要があります。

 

スイートコーンは、一般的に食べるトウモロコシのこと。

スイートコーンに、ポップコーンの花粉が付き、授粉してしまうと、スイートコーンの味が悪くなるとされています。

 

 

そこで、ポップコーンを育てる場合は、

スイートコーンと距離を離して栽培するサカタのタネの説明によると200m以上)

種まき、植え付けの時期をずらして、花が咲く時期をずらす

このどちらかの対策をする必要があります。

 

もちろん、ポップコーンのみを栽培する場合であれば必要はありませんが…(^^;

 

 

また、ポップコーンは育てる期間が長いです。

病気や虫、肥料切れなどに注意しながら育てる必要があります!

 

面白半分で始めることとしたポップコーン栽培。

初めての品目なので、上手くいかない可能性も高いですが、楽しみながら育てて行きたいと思います(^^)/