日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

バラ木のお茶摘み

こんばんは!

平成も残りわずかとなりました。刻一刻「令和」へと、元号が移り変わる時が過ぎて行きますね。

 

上河内地区では5月1日。令和元年の初日から、一番茶(新茶)を始めることとなりました(^^)/

ちょうど、元号が変わるタイミング…となりますが、これだけを狙っていたわけではありません…。

 

一番は、お茶の芽もまだ小さい畑があるので、もう少し生長させたいという思い。

あとは、げんを担いで、5月1日(大安)かつ、新元号令和』へと変わるということで、この日からとなりました。

 

ただ、1日は傘マークが出ているので、雨が降った場合は翌日から…となりますが(^^;)

 

 

一番茶開始の日程が決まり、いよいよ一番茶シーズン突入!!

良いお茶を収穫し、お届けできるように頑張っていきます。

 

 

バラ木のお茶

今日の上河内地区では、「バラ木」のお茶を摘みました。

このお茶は、依頼されて作っている物で、一般には販売されていません。

 

また、1か所の畑を、地域の農家とその家族、約25人ほどで手作業でお茶の芽を摘んでいきます。そのため、「バラ木」を摘む日は、一番茶シーズンにはカウントしていません。

ちなみに「バラ木」とは、自然仕立てのお茶の樹のことです。上河内地区では「バラ木」と呼んでいます。

 

写真でも分かると思いますが、上へ枝が何本も伸びています。カマボコの形に整えない、樹の仕立て方です。

 

上河内地区では、お茶の苗を植えてから3年ほど経過したお茶の樹を、このように上へ枝を伸ばし、「バラ木」用のお茶の樹として育てます。

 

そのため、収穫する畑は年によって違います。

苗木を植えた地区内の農家の畑に、摘み手が集合し、協力して摘む一番茶前の行事です。

摘みながら、今年のお茶の芽の出来もチェック。

良い色、そして良い香りがしっかりとするお茶の芽です。

今年も、香りの良い上河内茶を作れそう…(^^♪

 

 

ちなみに、自然仕立てで育てられたお茶は”品評会”用として、作られることがほどんどです。

品評会で良い成績を取るために、特別な栽培方法で、かなり力を入れ育てている熱心な農家さんもいます。

 

しかし上河内地区では、品評会に出すような”特別なお茶”は作っていません。

一定の品質のお茶を作るために、全ての畑に、全てのお茶の樹に、平等に力を入れて育てています(^^)/

(場所や生育状況によって、多少の作業の違いはありますが)

 

また上河内地区の茶畑の面積は、他の地域と比べるとかなり狭いです。しかし、面積が狭い分、全ての畑にしっかりと力を注げる…。目を行き届かせることが出来るのです。

 

 

1年間行ってきた成果が表れる一番茶。

ドキドキ、ワクワクしながらシーズンの始まりを待っています。