日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

一番茶収穫までの作業

一番茶(新茶)を収穫するまでは、どのような作業を行うのか…?

 

一番茶シーズン突入直前の上河内地区での作業を例に、一番茶を収穫するまでに行う代表的な作業を、まとめて紹介したいと思います(^^)/

 

 

昨年7~8月 「ナラシ」「土壌改良」「防除」

今年の春に収穫を行う一番茶(新茶)

そこへ向けての作業は、1年前の7月・8月まで遡ります!!

 

上河内地区では、5月に収穫する『一番茶(新茶)』と6月下旬頃に収穫をする『二番茶』を作っています。そのため、二番茶の収穫後は、来年の一番茶づくりがスタートするのです(^^)/

 

二番茶を収穫した後は『ナラシ/整枝』と言って、お茶の樹の表面をキレイに整える作業を行います。

バリカンのような専用の機械を使用して、表面をキレイに整え、芽が均一に伸びるようにするのです。

 

 

二番茶の収穫後に伸びてきた芽、この芽のことを『三番茶芽』というのですが、この芽は翌年の一番茶に大きな影響を与えます。

 

一番茶は、この夏に伸びる三番茶芽を基にして育ち、栄養も三番茶芽が作った栄養を使います。

そのため、この『三番茶芽』をしっかりと守ることが、大切です!

 

上河内地区は、良いお茶が育つ条件である『霧』が発生しやすい地域です。また、静岡県は夏の間は雨が降りやすい地域なので、降水量も多いです。

 

雨が多くなったり、湿度が高い環境では「カビ」が発生しやすいですね…(^^;)

 

植物の病気は「カビ」を原因とするものがほとんどです。そのため、お茶の樹が病気になりやすい環境だと言えます…。

 

病気になってしまうと、お茶の樹には大きなダメージが…(-_-)

翌年の一番茶に影響することもありますし、場合によっては樹が衰弱してしまう事もあります。

 

そこで、必要最低限の農薬(環境や人に対して安全な、安全性が高い農薬のみ)を使用して、病気や害虫からお茶の樹を守ってあげます!

 

 

他にも、この時期には、酸性に傾いた土を調整するため、植物の生長に必要な微量要素を補給するために、『苦土石灰』を施す作業も行います。

 

 

昨年9月~10月 「秋肥」「秋のナラシ」

気温が下がり始めると、お茶の樹の生長は少しずつゆっくりに…。

冬に向けて、休眠の準備が始まります。

 

この時期に行う主な作業。

まずは「秋肥」です。

 

秋”に施す”肥料”ということで、「秋肥」と呼んでいます。

秋肥は、有機質肥料を主体とした肥料を使用しています。秋から冬、そして翌年の春にかけて、長い期間に亘って吸収される肥料です。

 

お茶の樹の生長にとっては重要で、翌年の新芽(一番茶)を伸ばす時の養分としても、使われる肥料…。

使用する肥料選びやあげる時期は、しっかりと考えながら行っています。

 

 

そして、翌年の一番茶に大きな影響を与える作業が「秋のナラシ」です。

 

夏の間に伸ばした「三番茶芽」を刈り落とし、お茶の樹の表面を整えます。

(上刈り落とし前、下刈り落とし後)

 

キレイに整えることで、翌年の春、均一にお茶の芽が生長するのです。

この作業を早く行うと、翌年新芽が芽吹く時期が早くなり、遅くすると芽吹くのも遅くなります。

 

芽吹く時期が早すぎると霜や寒さの影響を受けてしまうので、毎年天気予報を色々調べながら行います(^^;)

 

 

ちなみに刈り落としたお茶の芽や葉っぱは、樹と樹の間(畝間)に落としています。

少し時間がかかりますが、微生物などが分解し、フカフカの土へと変化するのです。

 

 

昨年11月~本年1月

11月から1月の間は、主要な作業はありません。

お茶農家にとっては、余裕ができる時期となります。

 

冬の間は、お茶の芽は休眠状態。

芽は伸びてきませんし、根っこを伸ばすのも停止しています。

 

寒さ厳しい冬ですが、この寒さがなければ、お茶の芽は一斉に芽吹きません。

4月・5月になり、一斉にお茶の芽が伸びて来るのは、冬の寒さがあるからこそなのです!

 

2月~3月 「化粧刈り」「春肥①・②」「芽出し肥」「防除」

2月から3月にかけて行う作業は、肥料を施すのが主になります。

 

春にあげる肥料の事を「春肥」と言い、有機質肥料が主体な物を使用しています。

春肥は、一番茶だけでなく、二番茶の生長。その後の三番茶の生長にも影響するので、長く続く効果があり、土づくりにも良い有機質をメインにしているのです!

 

 

逆に「芽出し肥」は、一番茶の芽が芽吹く直前から小さい時に施します。

芽を生長させるときには、たくさんの養分を使うため、お茶の樹は疲弊してしまいます。

 

そこで、芽の生長を手助けし、疲弊したお茶の樹が回復できるように、早く効果が出る化学肥料主体の肥料を使用するのです(^^)/

 

また、有機質肥料では補給できない、微量要素を補給する目的もあります。

 

 

他には、冬の間に強い風が吹き付け、乱れてしまったお茶の樹の表面を、再びキレイにする「化粧刈り

 

そして、病気から守ることと、肥料だけでは不足してしまう微量要素を補給するために「ボルドー」を散布します。最も歴史がある農薬で、極めて安全性が高いものです。

おかのや農園では、有機栽培でも使用ができるボルドー剤を使用しています。

 

ちなみに、ボルドー剤の散布はお茶の芽が芽吹く前!

安全性が高い農薬ですが、収穫する芽には一切付着させないように、細心の注意を払い作業をしています(^^)/

 

 

4月 「茶工場準備」「収穫準備」

4月になると、いよいよお茶の芽が生長していきます。

この時期になると、一番茶(新茶)を作る準備が主な作業となります。

 

まずは、お茶を揉む工場の掃除…。

お茶は食品なので、ゴミが混入したりしないように、徹底的にキレイにしていきます。

 

茶畑でも、強い風で飛ばされてきた枯草や枯れ葉、伸びてきた草を取り除きます。

 

 

一番茶は努力が報われるシーズン!

一番茶は約1年に亘る作業が報われるシーズン。

 

一番茶シーズンはとても忙しく、大変なのですが、無事に収穫が行えることが、とても嬉しいのです(^^♪

 

 

今年も無事に収穫を迎えられそうなことに感謝するとともに、良いお茶を作りお届けできるように、「頑張っていこう」と改めて決意…!

 

天気がどうなるか分かりませんが、明日から約10日間の一番茶シーズン…。

毎日、楽しみながら頑張っていきます(^^)/