日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

幼木のお茶の樹の芽吹き

今日から一番茶シーズンに突入!

「令和」初日の今日、上河内地区では、一番茶シーズンに入りました。

 

ただ、今日は午後から天気が崩れる予報だったので、開始は明日に持ち越し…(^^;)

雨が降っていたり、お茶の芽が濡れている状態では収穫作業は行えません!そのため、今日はお休みとなりました。

 

実質的なスタートは明日からとなりますが、明日は5月2日『八十八夜』です(^^)/

お茶にゆかりのある日から収穫をスタートできます。

明日は天気が回復する予報なので、問題なく収穫をすることが出来そうです!

 

植え付けたお茶の苗から…

3月に植え付けたお茶の苗木。

植え付けから、もうすぐ2か月が過ぎようとしています。

 

植え付け直後は、緑色の葉っぱが付いていましたが、その後乾燥が続き(雨の降る日が少なかったです)半分枯れたような状態になっていました。

植え付け直後

植え付け1か月後

 

枯れて死んでしまったように見えますが大丈夫!

植え付け直後のお茶の樹は、根っこを伸ばすことに力を注いでいます。

 

乾燥が続いた場合、水分を消費する葉っぱが枯れてしまう事は、度々あることなのです。

 

 

地上部は枯れてしまったように見えますが、根っこと新芽は生きている状態!

4月下旬には肥料をまき、たっぷりと雨も降りました。

 

そして大人のお茶の樹が収穫を迎えようとしている今、植え付けたお茶の樹の芽も芽吹きました(^^)/

力強く、青々しい芽がちらほらと確認できるように…。

 

芽が生長を始めたということは、完全にお茶の樹が根付いたということ!

もう、雨が少ない状態になっても問題ありませんし、今後成長して行けます(^^♪

 

まだ、植え付けたお茶の苗(幼木)の芽は、小さく葉っぱの枚数も少ないです。

しかし、少しずつ生長していき、近いうちには植え付け直後のような状態まで戻ると思います。