日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

一番茶スタート!

今日、5月2日は「八十八夜

「八十八夜のお茶を飲むと長生きできる」と言われるように、八十八夜のお茶は縁起物としても知られています。

 

そんな、縁起の良い日に一番茶(新茶)の収穫を始めることが出来ました!

 

 

お茶の収穫方法

お茶の収穫方法は主に2つ。

手でお茶の芽を摘んでいく『手摘み

そして、機械や大きなハサミを使用する『ハサミ摘み』です。

 

現在では、機械を使用する「ハサミ摘み」が主流となっていますが、上河内地区では「手摘み」も行っています

 

一番茶の収穫開始から数日は手摘みオンリー

芽が生長しすぎてしまうと品質が低下してしまうため、シーズン突入から数日過ぎると、機械を使用しての収穫も始まります(^^)/

 

ということで、今日はシーズン初日…。収穫方法は手摘みのみです!

今回は、手摘みの様子を投稿したいと思います。

 

 

手摘み

お茶を収穫するには、まず露を乾かさなければなりません!

霧が発生することも多い上河内地区。

一番茶シーズンは寒暖差が大きいので、朝露や霧で葉っぱが濡れています。

 

濡れた葉っぱを収穫すると、お茶の品質が悪くなってしまうので、乾くのを待って収穫を始めるのが鉄則です!

 

 

手摘みで使用する道具はこちら↓

手に持っている小さなかごは「びく」

大きなかごは「茶まき」と呼んでいます。

 

手で摘んだお茶の芽は、まず「びく」に入れ、「びく」の中にお茶が溜まったら、「茶まき」の中に入れます。

大きさにもよりますが「びく」の中には大体1kg、「茶まき」の中には10kg程度のお茶が入ります。

 

ちなみに、「茶まき」でお茶を保管するときは、直射日光が当たらないようにします。

摘んだ生葉は、まだ生きている状態…。葉っぱが呼吸しているので、少しずつ温度が高くなってしまいます。直射日光が当たればなおさらです。

 

そこで、日光が当たらないように覆いを被せるのですが、同時に熱が逃げれるように風通しも良くしておくことが重要です。

 

今年も薄くて柔らかな、香りの良いお茶の芽が収穫出来ています。

 

摘んで「びく」の中に入れたお茶の葉を嗅ぐと、少し甘さを感じる爽やかな香りが漂ってきます(^^♪

私は、この香りが大好きです!

 

手摘みはとても時間がかかる収穫方法。

1人当たり、1日15kgほど摘めれば良い方です!

 

家族、そして手伝いに来てくれている親戚の方…。みんなで、力を合わせてお茶を摘んでいます!