日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

5月7日 今日の一枚

上河内地区で一番茶の収穫が始まって、今日で6日間が過ぎました。

 

お茶の芽が大きくなってきていることから、機械での収穫も本格化しています。まさに「最盛期」と言った感じです(^^)/

 

ちなみに「機械での収穫」というと、手摘みと比べて品質が劣るイメージを浮かべる方もいらっしゃると思いますが、あまり大きな違いはありません!

 

機械での収穫は、お茶の新芽の部分だけを狙って行います。

新芽の柔らかく、充実した部分のみを収穫する方法で行っているため、機械での収穫でも高い品質を維持できます。

 

逆に、茶葉の収穫適期に収穫が行えるため、畑や収穫日時によっては、機械での収穫の方が品質が高くなることもあるのです。

 

収穫適期を逃してしまうと、お茶の芽は大きく硬く生長してしまいます。

そのようなお茶の芽では良いお茶が作れないため、茶の樹や茶畑、お茶の芽をよく観察したり手触りを確かめ、適期に収穫が行えるようにしています。

 

もう間もなく一番茶シーズンは折り返しとなります。

残り1週間弱の日々も、引き続き頑張っていきます(^^)/

 

 

朝日に照らされるお茶の芽

今日の1枚ですが、本日7日は、朝に撮影したお茶の芽の写真です。

気温が下がった事で朝露が降り、夜遅くに雨も降ったため、今朝のお茶の芽は、露に濡れてびっしょりの状態でした。

 

露に濡れた状態では、お茶の芽を収穫することができません。そのため『露払い』という作業を行うのですが、朝日がお茶の芽に当たり始めると、キラキラと輝き始めました(^^♪

※山の斜面に茶畑があるため、朝7時ごろにならないと日が当たりません…。

 

朝露に濡れなければ、朝日が見れる状態でなければ、見ることができない光景です。

この光景を楽しめるのも、残り僅か…。一番茶シーズンの、1年で一番きれいな景色を楽しみつつ、お茶の収穫を進めて行きます。