日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

収穫間近 ソラマメの生長状況

昨年の秋に種まきを行ったソラマメ。

約半年の生長期間を経て、もう間もなく収穫を迎えようとしています。

 

今回は、今現在のソラマメの生長状況を投稿したいと思います。

 

ふっくらと生長

お茶の収穫期を迎えてしばらくの間、家庭菜園で育てている野菜たちの様子を投稿できずにいますが、それぞれ少しずつ変化しつつあります。

 

特にソラマメの変化は大きいです。

花が咲き、小さなソラマメの赤ちゃんができていた状態でしたが…

 

その後、2週間~3週間ほどで、この大きさに…。

 

ふっくらと膨らみ、ずいぶん大きくなりました。豆が入っている部分は特に丸く膨らんでいるため、何粒出来ているのか、少し分かる程度になりました。

 

生長のスピード、あるいは開花の時期が早かった物は、すでに下を向きつつある物も…。

ソラマメは、花が咲いてからしばらくの間は、豆が上(空の方)を向いて生長してきます!

そこから『ソラマメ』という名前が付いたとされていますが、豆が大きく充実して来ると、下を向くようになります。

 

空を向いて育っていた豆が、下を向き始めたら収穫間近です(^^)/

一番茶の収穫が終わったら、試しに収穫をしてみようと思います!

 

 

肥料切れに注意

豆が大きくなる時期に注意すべきことが「肥料切れ

まいた肥料の効果が切れてしまう事です。

 

豆が大きくなる重要なタイミングで肥料が切れてしまうと、ソラマメに大きな負担がかかってしまいます。花が咲いてから実が膨らんでいる時期は、特に「肥料切れ」に注意しなければなりません。

 

そこで、作物が生長している途中で肥料を施す「追肥」を行い、生長を手助けしてあげます。

 

おススメは、肥料成分のバランスがよく、早く効果が出てくる化成肥料、あるいは液体肥料。

有機質肥料では、肥料成分が植物が分解される状態になるまで時間がかかるため、扱いやすく吸収されるのが早い化成肥料の方が楽です。

 

 

最後に

初めて挑戦するソラマメ栽培。

空を向き生長してきたソラマメも下を向き始め、収穫まで残りわずかとなりました。

 

はたしてどのようなソラマメに育ったのか…?

少し不安になることもありますが、無事に収穫を迎えることができそうなので、収穫を楽しみに待とうと思います(^^♪