日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

一番茶ほいろ上げ

こんばんは!

日に日に夏らしい天気になっていると感じる今日この頃。夜、ついに虫がジージーと鳴き始めました。

 

カエルや蝉が盛んに鳴き始める季節となるのも、もう間もなくですね(^^)/

 

昨日で一番茶の収穫が終わった上河内地区。

今日は、上河内地区のお茶工場「上河内共同製茶工場」の掃除と「ほいろ」上げを行いました!

 

 

茶工場の掃除

お茶は他の農産物と違って、工場で加工されて利用される産物です。

そのため、工場内や機械は清潔にしておく必要があります。

 

工場内や機械は、毎日掃除を行っていますが、お茶のシーズン前と終了後には、さらに徹底した掃除を行っています。

 

キレイな状態にしてシーズンを終えることで、清潔な状態を維持しているのです!

 

 

ほいろ上げ

「ほいろ」というのは、お茶を手で揉んで作る時(手揉み)に使用する台です。

テーブルに例えると、上の天板部分でお茶を揉み、下にはガスなどでお茶を温められるようなスペースがあります。

 

お茶を揉む機械が開発される前までは、「ほいろ」を使用して全て手で揉んでいたのです。

 

そこから由来が来ているのか、お茶のシーズン終わりのことを「ほいろ上げ」なんて言ったりもします。

 

 

一人前になれるように頑張ります!

正式に農家となって初めてのシーズンとなった今年。

専門学校に通ったといえ、まだまだ知識も技術も未熟です。

 

そして同時に、上河内地区のお茶の品質の高さ、お茶の栽培や揉む技術の高さに、改めて気付かされました!

 

一人前になるまでにはまだ時間がかかりますが、しっかりと技術などを吸収していけるように、今後も頑張っていきたいと思います(^^)/