日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

小満の茶畑

こんばんは!

昨日の雨から一転、今日は快晴に…!

と言いたいところですが、今日の静岡県島田市川根町は、1日を通して雲が多い天候となりました。

 

短い時間でしたが、直接日差しが当たる時間帯もありましたが、大半は雲でお日さまが隠れている状態です。

まるで「梅雨時期の貴重な晴れ間」というような、そんな天気となった1日でした!

 

しかし、直射日光が当たらない分、お茶の樹の手入れをするのが楽になります(^^♪

暑さや強い日差しがあると、体力が奪われてしまうので、程よく雲が広がってくれるとありがたいです…。

 

小満

昨日は二十四節気の1つ『小満』でした。

夏のような陽気になり始め、植物の花が咲き、実を付け始め、生命力に満ちた状態になりつつある季節。ということで、小満と言われています。

 

田んぼに苗を植えるのも、ちょうどこの季節。

(暖かい地域では、すでに田植えが終了しているのでしょう…)

 

島田市内の田んぼでも、少しずつ田植えが始められています。

 

茶畑では

一番茶の収穫が終わってから、約2週間。

二番茶(一番茶の次に収穫できるお茶)の収穫へ向けて、着々と準備を進めつつあります。

 

お茶の樹と樹の間、畝間の芽を刈り落とす「裾刈り」

ミネラル分である苦土入りの肥料を施す「肥料まき」

来年以降のお茶を良いものとする「中切り・深刈り」

これらの作業を進めてきましたが、先週末で「裾刈り」と「肥料ふり」に関しては終了しました。

 

そして、今週からは新たに「ナラシ」(正式には整枝)という作業を始めました。

ナラシとは、お茶の樹の表面をキレイに整える作業です。

(詳しくは、また後日投稿したいと思います)

 

季節が進むにつれて、山々や茶畑の景観は移り変わります。

 

季節の移り変わりを、目や肌で感じながら、お茶の樹の手入れをするこの頃です(^^)/