日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ミツバチを呼び寄せる!? キンリョウヘンの花

ミツバチを呼び寄せる花として『キンリョウヘン』というランがあります!

 

今回は、そんな「キンリョウヘン」の花の姿について投稿します。

 

ミツバチの増え方『分蜂』

ミツバチは、1つのグループに一匹の女王バチしかいません。

 

しかし、新たな女王バチが誕生しなければ、ミツバチたちはすぐに絶滅してしまいます。

グループ(1つの巣箱)に、女王バチは一匹しかいませんが、新たな女王バチが誕生していない訳ではないのです(^^)/

 

では、どのようにしてミツバチの巣箱(グループ)が増えていくのか…?

それは、ミツバチは『分蜂(ぶんぽう)』という枝分かれによって、グループを増やしていきます。

 

 

春になると、新しい女王バチが誕生します!

しかし、1つのグループに女王バチは一匹だけ…。もともとそこへ住んでいた女王バチは、働きバチを半分ほど連れて、新しい住処へと移っていきます。

 

この行動のことを『分蜂』と言います。

 

春から初夏になると、

「ミツバチが街中に大量発生!」

というニュースを見ることがあると思いますが、このようにミツバチが突然大量発生し、移動するのが分蜂なのです!

※巣箱(住処)から逃げ出した…という可能性もあります。

 

 

ミツバチを飼育するためには、

ミツバチのグループを購入する

分蜂したグループを捕まえる/巣箱に住んでもらう

この2つの方法が主となります。

 

最近では、インターネットでもミツバチを購入できますが値段も高いですし、ストレスなどによって逃げ出してしまう可能性も高いです。

 

そのため私は、巣箱を設置して”分蜂したミツバチのグループが住み着くのを待つ”方法で、飼育をしようと思っています。

 

「キンリョウヘン」という花は、分蜂したミツバチのグループが来やすくするための花なのです。

 

 

ミツバチの集合フェロモンの匂い

では、なぜ「キンリョウヘン」というランがミツバチを呼び寄せるのか…?

 

それは開花した花から、ミツバチの集合フェロモンと同じ匂いが出ているからです。

 

ミツバチたちは、キンリョウヘンの匂いを

「仲間の匂いだ」

と勘違いし、花の近くへ寄ってきます。

 

もし、分蜂する前に新しい住処を探しているハチ(偵察バチ)が来たならば、引っ越し先の候補の1つとなりますし、分蜂したハチのグループを呼び寄せることもあります。

 

巣箱を設置しただけでは、ミツバチが住み着いてくれる可能性は何とも言えません。

キンリョウヘンの設置は、巣箱にミツバチを呼び寄せる可能性を高める方法なのです(^^)/

 

 

キンリョウヘンの花

一週間以上前から開花しているキンリョウヘンの花。

ランの花は他の種類の花と比べると、比較的長持ちすると思いますが、キンリョウヘンの花は特に長持ちしているように思います。

 

開花してから時間が経過していますが、花の色があせたり、萎れたりなどの変化は見られません!

 

 

ちなみに、キンリョウヘンの花は、ミツバチが分蜂する時期に合わせて開花するとされています。

 

 

今のところミツバチは…

キンリョウヘンの花が咲いてから、巣箱の横に株を置いています。

 

しかしながら、ミツバチは設置した巣箱には住み着いていない状態ですし、ミツバチたちが近くに来ている形跡もありません(-_-;)

 

 

四方を山に囲まれている上河内地区。

巣箱は、2つしか設置していませんし、キンリョウヘンも2株。広い山の中から、匂いを嗅ぎつけやって来る可能性は、当然低いものです。

 

今年中にミツバチのグループが巣箱に住み着く可能性は低いです。しかし、来年以降も引き続き行い、設置する巣箱の数も増やすなどしていきたいと思います!