日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

ソラマメの収穫 採り頃のサインとは…

莢が空(上の方)を向いて育つことが由来となった「ソラマメ

しかし、豆が膨らみ莢が大きくなってくると、次第に下を向くようになります。

 

下を向いた莢は収穫間近であることのサイン!

ふっくらと膨らみ、下を向いたソラマメから、収穫をするようにしましょう(^^)/

 

今回は、ソラマメの収穫について投稿したいと思います。

 

 

膨らみ、下を向いた莢

花が咲き、しばらく日が経つと、小さなソラマメの赤ちゃんが誕生します!

ソラマメの赤ちゃんは、莢の先端を空の方に向け、大きく生長していきます。

 

名前の由来ともなっている莢を空へ向けて生長していく姿…。

しかし、中のマメが次第に大きくなり、莢もぷっくりと膨らみ始めると、少しずつ下の方を向き始めるのです!

 

莢が完全に下を向き、豆の形が分かるほど莢がぷっくりと膨らんだら収穫できます(^^♪

種をまいてから収穫を迎えるまでは、半年以上の時間がかかるため、収穫するときの喜びはとても大きいです。

 

莢の根元部分をハサミでカットして、1つずつ丁寧に収穫していきます。

 

収穫後は、お楽しみの調理タイム!

塩ゆでにしたり、焼いたり…。自分の好きな方法で調理し、楽しみます。

 

鮮度が命の野菜なので、収穫してすぐに調理することができるのは、家庭菜園で育てることの特権です!

 

 

害虫に注意

5月中旬以降、葉っぱを虫に食べられる被害が目立つようになりました。

遠くからでも分かるほど、葉っぱには虫食いの穴が…。

 

気にしていた「アブラムシ」の発生もあり、気温が上がるとともに、害虫の被害が増加しているように感じます。

 

急激に被害が増えてしまったので、対策も後手後手に…。

改めて日々の観察と、対策を即効行うことが大切であると思い知らされました(>_<)

 

しかし、ソラマメの豆自体には被害が出ていません!

豆が大きくなる時期であれば、影響も大きかったと思いますが、収穫中の現在なら多少の被害は大丈夫かな…と思っています。

 

 

半年以上に亘った栽培期間…。

ソラマメの栽培は初めてだったので、しっかりと育てることができるか心配でした…。が、無事に収穫を行うことができて、ホッとひと安心です(^^)/