日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

お茶の樹の中切り作業 2・3回目

お茶の樹は毎年収穫を続けていると、少しずつ樹の高さ(樹高と言います)が高くなってしまいます。

 

樹高が高くなると枝の数が増えますが、一本一本の枝は細くなります。

作業が行いにくくなったり、寒さや暑さ、病害虫に弱くなってしまうため、数年に一度(5年ほど)ザックリと枝を刈り落としてしまう作業をするのです!

 

この作業のことを、「中切り」「深刈り」と呼んでいます。

また、古い枝を刈り落とし、新しい枝に更新するため「更新作業」ということも…。

※中切り・深刈りの違いは、刈る深さの違いになります。

 

低い位置でお茶の樹を刈るため、葉がある部分は全て刈り取られ、緑色の茶畑は茶色に変化します。

詳しくはこちらから(未来を見据えたお茶の樹の手入れ

 

今回は、中切り作業についての詳しい内容と、お茶の樹の変化について投稿します!

 

 

力のあるエンジンで…

お茶の樹を低い位置で刈るため、使用する機械のエンジンはある程度のパワーが必要です。

また、太い枝もカットするので、頑丈な刃も必要となります。

 

使用するのはこちらの機械

中切りや深刈りでの使用を目的として作られた『中切り機』です。

 

他の機械と比べると、エンジンが大きく、刃も頑丈につくられているので重いです(>_<)

そのため、こまめに休憩をはさみながら、作業を進めて行きます。

 

 

2回目のカット

中切り作業は、3回あるいは4回ほどに分けて、お茶の樹をカットします。

回だけでは、きれいな形に整えることができないので、数回に分けて行う必要があるのです!

 

中切り1回目の作業はこちらから

未来を見据えたお茶の樹の手入れ

 

今回は、2回目と3回目の作業について投稿していきます(^^)/

 

1回目の作業で、すでに葉っぱがある部分はほとんどカットできたので、2回目はもう一段階低い位置まで刈り落とします。

1回目の作業後。

1回目の作業時には、葉っぱは緑色の状態でした。しかし、2回目の作業を行うまでに日を空けると、完全に枯れてしまいます。

 

わざと時間を空け枯れさせることで、作業を行いやすくするのです!

※枯れた枝葉はパリパリになるので、とても歩きやすくなります。

 

2回目の作業後はこちら

2回目の作業では、5cm以上枝をカットします!

全体的に茶色くて、お茶の樹の形がイマイチわかりにくいです…。

 

ただ、2回目の実施では、まだお茶の樹は三角形のまま…。

次の3回目の作業で、キレイに形を整えます!

 

 

3回目の作業

おかのや農園では、2回目の作業と3回目の作業は、時間を空けずに行います。

 

3回目の作業は、お茶の樹の形を整える程度…。

深くは刈りこみません!

 

三角形になったお茶の樹の頂点部分をカットして、キレイに形を整えるのです。

 

3回目の実施後がこちら

分かりにくいと思いますが、お茶の樹が丸みを帯びている形になりました(^^)/

 

このような形に整えられれば、中切り作業は終了!

新しい芽が伸びて来るのを待つばかりです。

 

ちなみに、丸みを帯びた形に整えないと…

その後のお茶の樹の形も乱れてしまいます。

 

今後のお茶の樹の形を作る”土台”となるので、丁寧に行うことが大切です!

 

 

30㎝ほど枝をカット

中切り作業は、バッサリと枝をカットします!

 

それが分かる写真がこちら↓

防霜ファンの電柱が立っている部分は、機械では枝をカットできないため、まだカットしていない枝が残っています。

 

緑色の葉っぱがある部分が、作業を行う前のお茶の樹の高さ…。

すいぶんと低い位置まで枝をカットしたことが分かると思います。

 

 

数年に1回の頻度で行う中切り作業。

来年、再来年…と良いお茶が収穫できるようにするための、大切な作業です!