日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

幼木のお茶の樹

晴れ続きだった天気も今日でいったん終わりなのか…?

今日は、午後から雲が空を覆い、ムシムシとした梅雨らしい天気に戻りました。

 

しばらくは、このような天気が続きそうです。

蒸し暑いのは、精神的にも肉体的にも大変なので、少し辛い季節になりますね(-_-;)

 

 

20日から二番茶スタート

一番茶(新茶)の次に収穫し製造されるお茶のことを「二番茶」といいます。

二番茶は、一番茶シーズンから40~50日ほど経過すると収穫できるとされているのですが、今年もこの通りに収穫を行えそうです!

 

上河内地区での二番茶収穫の始まりは、今週の20日

いよいよ二番茶の収穫が始まります(^^♪

 

 

春に植えた苗木は…?

今年の3月に新しく植えたお茶の苗木…。

植えたお茶の樹のことを「幼木」と言い、幼木が植えられた畑のことを「幼木園」と言います。

 

今回は、その幼木の様子について投稿します。

 

 

3月に植え付けを行ってからしばらくの間、雨がそれほど降らない状態が続きました…。

そのため、水分不足になった幼木は、葉っぱを落としてしまいます。

ほとんどの葉っぱが茶色くなっているので、まるで枯れているようにも見えます…。

 

しかし、枯れているわけでは無いのです!

水分を土から得るために、根っこの生長を最優先させている状態。そのため、水分を消費する葉っぱを落とします。

 

気温や雨など、気象条件が整えば新芽が伸び始めるのですが、その新芽が伸び始めたのは一番茶シーズン。

はじめは、黄色の小さな芽でした。

 

この芽が生長し、現在ではこのような状態に↓

葉っぱが落ちてしまった時期はこちらです↓

 

両者を比べると、違いがはっきりと分かると思います。

 

まるで枯れたような状態から

「よくここまで回復してくれたな…」

と、お茶の樹の強さに改めて驚かされました(゚д゚)!

 

大人のお茶の樹と同様に、幼木のお茶の樹も梅雨の雨を受けて、順調に葉を茂らせています!