日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

タマネギの収穫

種をまくところから始めたタマネギの栽培。

半年以上に亘って生長を見守ってきたタマネギですが、いよいよ収穫を迎えることになりました(^^)/

 

葉が倒れたら収穫

タマネギは品種によって収穫できる時期が違います。

早く収穫を行える早生品種であれば、3月頃に収穫できる物もあります。逆に、収穫時期が遅い晩生品種であれば5月や6月に収穫を迎えます。

 

今回栽培したのは、長期間にわたって保存することができる晩生品種。そのため、6月に入ってからの収穫となりました。

 

タマネギは収穫をいつするのか…?

その判断は人それぞれではないでしょうか。

 

教科書的には、葉っぱが倒れた時点が収穫のタイミングです。

特に長期間にわたって保存したい場合は、葉っぱが倒れ、軽く枯れるまで畑においてから収穫する方がおススメです!

 

この写真のように、タマネギはある時期が来ると自然と葉っぱが倒れてしまいます。強風などの影響で倒れた訳ではありません!

 

 

ちなみに、必ず葉っぱが倒れるまで育てる必要はありません。

まだ、タマネギの玉部分が膨らんでいる途中(玉部分が小さい状態)で収穫するのも、もちろんOKです(^^)/

 

小さなタマネギであれば、丸々料理に使用することも出来ますし、若い状態であれば葉っぱの部分も使用できます!

「葉タマネギ」と言ったところでしょうか…。

 

 

保存する場合は乾燥を…

常備野菜として利用しやすいタマネギ。実はタマネギの品種には、長期保存に向いている品種とそうでない品種があります。

 

個人的に品種を色々調べたのですが、収穫時期が遅い晩生品種のタマネギほど、長期保存できる品種が多いような傾向がします(^^;)

 

ただし、長期保存できる品種であっても、タマネギを長期保存するためには、収穫後にひと手間加えることが必要です!

 

 

そのひと手間とは、乾燥させることです。

タマネギを収穫した後は、葉っぱを付けたまま、軒先に吊るしたりして乾燥させます。

 

しっかりと水分が飛び、タマネギの表面の皮が白色から茶色に変わったら、乾燥は十分!

余分な葉の部分を切り落とし、風通しの良い場所で保存すれば、数か月間にわたって保存することが出来るようになります(^^)/

 

これからは梅雨本番!

湿度は高く、雨が降る日も多いので、カビなどに気を付けながら乾燥させることがポイントです。