日々お茶暮らし

お茶で有名な川根地域でお茶づくりをしている茶農家のブログです

野生動物たち… 上河内地区の茶園で撮影①

今日はお昼前までは雨が降り、一時的に日差しもあった梅雨らしい天気でした。

お昼前には雨が上がり、青空も広がったので、収穫をするために露払いを実施…。このまま天気がもってくれるかな…と思っていたのですが、収穫中に黒い雲が空を覆い、次第にポツポツと雨が降り始めてしまいました。

 

収穫出来たのは約1時間。僅かな量でしかありませんでした(>_<)

やはり天気が変わりやすい中での収穫は難しい!そう感じた1日となりました。

 

今回のブログの内容は、お茶からは少し離れて、シカなどの野生動物についての投稿です。

 

今日は、川根町上河内地区にいる野生動物たちの一角を紹介したいと思います。今回は茶園で撮影した写真をメインです。

 

シカ

まずはシカ

立派な角があるのでオスだと思います!

 

この写真は、春に購入したトレイルカメラで撮影しました。

撮影は動画で行ったのですが、ゆっくりと歩く姿は少し優雅でもあります。茶畑の周りに生えている草などを食べに来ているのでしょう。

ここの畑は春にお茶の苗を植えた幼木園です。

小さなお茶の樹を倒したり、踏みつけたりしないで歩いてほしいものです(>_<)

 

ちなみに、シカは雨の降った次の日によくやって来ます。

そのため、畑の土にはしっかりと足跡が残りますし、道路に足跡が付くこともあります。

 

昨日には無かった足跡を見ると、「昨夜やって来たのだなぁ」と思います。

 

 

キツネ

キツネはまだ生で見たことがありません。

今回、トレイルカメラを設置して、初めてその姿を見ました。

大きくてふさふさのしっぽが特徴です。ちょっぴり犬っぽさもありますね!

 

このキツネは、少し痩せているようにも見えます。

獲物を捕らえないと食事にありつけないので、生きていくには力が要るのでしょうね…。

 

キツネの個体数は少ないので、元気に生きて行って欲しいものです。

 

 

ウサギ

次の写真は野ウサギです。

ウサギも茶畑の周りに生える草を食べに来ているのでしょう。小さな体で、植え付けたお茶の樹の周りを動き回っていました。

 

 

他にも…

現在、映像や写真に捉えることが出来ていませんが、ニホンカモシカやイノシシ、ハクビシン(雷獣)、アナグマなどの動物も生息しています。

 

実際に動物の姿を目にすると、たくさんの動物たちが育まれる環境なのだということを改めて実感します。

 

トレイルカメラは、場所を変えて現在も設置しています。

また新たな写真が取れたら、投稿したいと思います。